ホーム > KAJIMAダイジェスト

KAJIMAダイジェスト
2016

06

June2016

特集

選ばれる医療環境へ
──感動する病院づくり

医療環境は大きな転換期を迎えている。日進月歩の医療技術。ビッグデータやIoTで広がる新しいヘルスケアの可能性。少子高齢化と国民医療費の増大を背景に,医療提供体制の抜本的な見直しも進められている。こうした変化の時代にあって,患者と地域に選ばれる病院づくりはこれまで以上に重要な意味をもつ。
そうした病院づくりをめざし,新たに建設されたのが「眼科 三宅病院」だ。名古屋市で年間6,000件以上の手術を行い,県内外から患者が訪れる日本屈指の眼科専門病院である。
今月の特集では,三宅理事長から寄せられたメッセージをもとに,当社の医療施設担当者が新しい医療環境の創造について話し合った。

特集 選ばれる医療環境へ──感動する病院づくり イメージ

幸せの建築術

第6回 ナイジェリア 個性を競う楽しいデザイン

鹿島のある風景 Season 2

新しいKoboスタ宮城へようこそ!

05

May2016

シリーズ 東日本大震災から5年

東北の春2016 第3回 宮城

東日本大震災から5年が経つ。
当社はこの間,全国から社員を動員し,東北の復旧復興支援業務に取り組んできた。震災直後の応急復旧活動にはじまり,以来,東北の地に腰を据え,最前線の現場で働き続ける社員も数多くいる。
彼らは被災地の人たちに寄り添いながら,ともに復興への道をたどる。

東北の春2016 第3回 宮城 イメージ

座談会 社長と語ろう

幸せの建築術

第5回 イエメン 砂漠のなかの高層住宅群

concept

KDDIエボルバ やまがたワークプレイス

鹿島のある風景 Season 2

湘南の朝日と声援を力に

04

April2016

シリーズ 東日本大震災から5年

東北の春2016 第2回 岩手

東日本大震災から5年が経つ。
当社はこの間,全国から社員を動員し,東北の復旧復興支援業務に取り組んできた。震災直後の応急復旧活動にはじまり,以来,東北の地に腰を据え,最前線の現場で働き続ける社員も数多くいる。
彼らは被災地の人たちに寄り添いながら,ともに復興への道をたどる。

東北の春2016 第2回 岩手 イメージ

特集

北海道新幹線開業

幸せの建築術

第4回 中国・福建省 土楼──団結心を育む住居

ザ・サイト

新川防災公園・多機能複合施設(仮称)建築 その他工事

鹿島のある風景 Season 2

復興への思いを形にしました

03

March2016

シリーズ 東日本大震災から5年

東北の春2016 第1回 福島

東日本大震災から5年が経つ。
当社はこの間,全国から社員を動員し,東北の復旧復興支援業務に取り組んできた。震災直後の応急復旧活動にはじまり,以来,東北の地に腰を据え,最前線の現場で働き続ける社員も数多くいる。
彼らは被災地の人たちに寄り添いながら,ともに復興への道をたどる。

東北の春2016 第1回 福島 イメージ

特集

首都直下地震に備える

幸せの建築術

第3回 チチカカ湖 大地に縛られない住居

鹿島のある風景 Season 2

箱根路へ,未来へのエール!

02

February2016

特集

UDシティ2020
超高齢社会への五輪遺産

2020年オリンピック・パラリンピックに向けて再整備が進む首都・東京。世界でいち早く超高齢社会を迎えた日本において,ユニバーサルデザインの重要性が高まるいま,新しい都市像が見出されようとしている。
それは,福祉や支援といった従来の観点から前進するものであり,ITや新エネルギーなどの最先端技術のシステムを誰もが享受しながら,生き生きと暮らせる社会である。
今月の特集では,当社が参画する「産業競争力懇談会(COCN)」によって提言されたユニバーサルデザイン都市「UDシティ」の姿を紹介する。

UDシティ2020 超高齢社会への五輪遺産 イメージ

幸せの建築術

第2回 モンゴル 絆を強める移動式住居

輝ける旬の女性たち

File-11 エンジニアリング本部 期待!の女性エンジニア

鹿島のある風景 Season 2

姫路一背高のっぽのツリー

01

January2016

特集

鬼怒川堤防緊急復旧工事

2015年9月10日,鬼怒川の堤防が決壊した。上流域では観測史上最大となる累加雨量600mmを記録し,破堤幅は201mにおよんだ。被災の中心となった茨城県常総市は,市内全域の半分が浸水する甚大な被害に見舞われた。
当社は,日本建設業連合会を通じて国土交通省からの要請を受け,決壊翌日,現場へ向かった。待ち受けていたのは,1週間で荒締切を完了させ,次の1週間で二重締切を構築する厳しい工程。職員たちは,厳しい作業条件の下,不眠不休で作業を続け,仮堤防を完成させるに至った。
災害復旧は,建設業の第一義である。ここでは,この緊急復旧工事を通じ,過酷な現場に立ち向かった人々の姿を紹介する。

鬼怒川堤防緊急復旧工事 イメージ

幸せの建築術

第1回 ブータン 凛とした築200年のエコハウス

1年次の社員に聞く! 2016年“私の漢字”

鹿島のある風景 Season 2

国を越えてひとつになる

輝ける旬の女性たち
鹿島の見える風景作品集
現場サイトリンク集

ホーム > KAJIMAダイジェスト

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ