ホーム > CSRの取組み > 鹿島グループのCSR

鹿島グループのCSR

鹿島は、「社業の発展を通じて社会に貢献する」という経営理念に基づいて「鹿島グループのCSRの枠組み」を定め、グループ全体でCSR活動を展開しています。

本業で人々の活動の場や生活基盤を整備し、社会の持続可能性追求の一端を担い、社会の発展や持続可能性が、鹿島グループの発展が軌を一にしていると捉えています。

鹿島グループのCSR推進の枠組みの図

鹿島グループのCSRの枠組み

CSR推進の枠組み概念図

CSRの目的

鹿島は、本業である建設事業・開発事業を通じてより安全・安心で快適な社会の創造に寄与し、社会や顧客からの信頼を高め、グループ全体の持続的な発展を目指しています。

CSR推進の枠組み概念図

CSRの基本:良質なインフラや建物・サービスの提供

鹿島は、CSRの目的を果たすために、「良質なインフラや建物・サービスの提供」を行うべく各プロジェクトにおける取組みを展開しています。建設業の成果は世代を超えて直接社会や人々の生活を支えるものであり、スケールの大きさや建造物の竣工による社会への影響の大きさが、鹿島の社会的使命の大きさと自負し、誠実に取組みを進めていきます。

CSR推進の枠組み概念図

鹿島グループのCSR活動を支える「5つの要素」

「CSRの基本」である「良質なインフラや建物・サービスの提供」を実現するために、鹿島では、「コンプライアンスの徹底」「働くことに誇りを持てる会社」「地球環境保全と環境創造」「地域社会との共生」「ステークホルダーとのコミュニケーション」を重要な5つの要素と捉えCSR活動を展開しています。

ページのトップへ戻る

ページのトップへ戻る

鹿島のCSR推進体制

鹿島グループにおけるCSRの推進・展開は特定部署ではなく、役員・社員が各部署・各業務のプロセスで実践するものと考えています。この考え方に基づき、全社的なCSRに関するコミュニケーション等を広報室CSRグループで担っています。2012年度からISO26000を参考に鹿島のCSR活動について検証し、今後はグループ全体に広げていきます。

ページのトップへ戻る

鹿島にとってのステークホルダー

ステークホルダーとは企業活動から影響を受ける様々な利害関係者を指します。建設業にとっては、ステークホルダーは株主・投資家、発注者(顧客)、従業員、設計会社・協力会社などの現場関係者、行政機関、マスコミ、業界団体などに加えて、実際に施工した建造物を利用する幅広い人々が存在しています。この幅広さこそが、建設業の果たすべき使命の大きさとも言えます。

ステークホルダーとの関係の図

ページのトップへ戻る

ホーム > CSRの取組み > 鹿島グループのCSR

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ