ホーム > CSRの取組み > 【要素 III 】地球環境保全と環境創造 > 重点課題4 生物多様性保全

重点課題4 生物多様性保全

持続可能な社会の形成のためには、事業が生物多様性に与える影響を回避・最小化するとともに、新たな共生関係を創出することが重要です。鹿島は業界に先がけて制定した「鹿島生物多様性行動指針」で建設事業を通じた生物多様性の保全と再生を掲げ、研究開発や事業の提案によりその実現を目指しています。

鹿島生物多様性行動指針

鹿島は、「鹿島生態系保全行動指針」を2005年8月に定め、2009年7月には「鹿島生物多様性行動指針」として改訂を行い、それに基づいたさまざまな活動を進めています。

基本理念

鹿島は、「100年をつくる会社」として、将来にわたり豊かな環境を維持し、良質な社会基盤を整備していくことを使命としている。

地球規模での環境への影響が顕在化するなか、生物多様性の劣化は地球温暖化と並ぶ重要な課題であり、その解決には企業として果たすべき役割も大きい。

鹿島は、生物多様性に関し建設事業を通じてその保全と持続可能な利用に取り組み、人と自然が共生する社会の実現に貢献していく。

行動指針

全社員の参加
鹿島は、自然の恵みに対する社員の意識を高め、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する知識を普及展開し、全社的に取組みを推進する。

建設事業への展開
鹿島は、生物多様性に関する情報・技術を活用した提案、工事における環境配慮を推進することで、生物多様性の保全と持続可能な利用を目指す。

調達における配慮
鹿島は、調達において生物多様性への影響を考慮し、その回避・低減を図る。

研究開発の推進
鹿島は、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する情報や技術的知見を集積し、関連する研究・技術開発を推進する。

社会的要請の尊重
鹿島は、生物多様性に関する法令等の遵守にとどまらず、関連施策や社会的要請を把握し、その知見を事業活動に反映させるよう努める。

コミュニケーションの促進
鹿島は、生物多様性の保全と持続可能な利用に関する活動、研究内容を開示し、顧客、地域社会、行政、研究機関、企業、NGO等との連携・対話を図る。

ページのトップへ戻る

生物多様性都市の実現

環境への取組みは、緑化を進める時代から、その地域環境に適合した動植物との共生を追求する時代へと変化しています。鹿島は、屋上緑化や自然エネルギーの利用だけでなく、自然の恵みを都市でも充分に享受できるような「生物多様性都市」を提案しています。質の高い緑の整備とそのネットワーク化によって健全で安定的な生活環境を形成し、人と生物の新たな互恵関係を創出していきます。

「生物多様性」都市へ

ページのトップへ戻る

都市域での取組み

鹿島ニホンミツバチプロジェクト

2009年5月から、鹿島の社宅(東京都豊島区)でニホンミツバチの飼育を開始しました。都市の生物多様性の回復にミツバチがどのように寄与するか蜜源調査などを行い、データを収集しています。

また、社宅併設の幼稚園児や保護者、住民を対象に環境教育を行い、「メードイン社宅」のハチミツを味わうことによって身近な生態系サービス(自然の恵み)を実感していただく取組みも行っています。

2010年3月からは中部支店のビル(名古屋市中区)でも同様の取組みを開始しました。

鹿島ニホンミツバチプロジェクトのマーク

エコロジカルネットワーク評価技術

小さなキツツキの仲間、コゲラが一度に飛べる距離は500m程度しかなく、その範囲に緑地がなければコゲラは移動できません。移動した先にコゲラが営巣できるような大きな木が育っていることも必要です。鹿島が開発したエコロジカルネットワーク評価技術では、こうしたコゲラの生息可能性を指標として、リモートセンシング技術やGIS(地理情報システム)を用いて緑地を評価し、より質の高い緑地空間創造に活用しています。

ページのトップへ戻る

水域での自然復元

サンゴの再生技術

沖縄の海などでサンゴ礁の死滅が問題となっていますが、従来のサンゴ再生は自然から採取したサンゴの枝を移植する手法が多く、ドナーとなるサンゴの破壊が懸念されてきました。そこで鹿島では、サンゴが自然着生しやすい網状の基盤を開発しました。生分解性の基盤をサンゴ産卵期の数ヵ月前に海底に設置すると、海藻類の一種であるサンゴモが基盤表面に付着しサンゴの幼生を誘引し、着生率が大幅に高まります。この手法は、海中のサンゴの卵・幼生を自然着生させて育成するので環境への影響が少ないのが特徴です。

「海のゆりかご」アマモの再生

アマモは日本沿岸の浅瀬に生息する海草類の一種で、魚の餌場、産卵、稚魚の育成場になることから「海のゆりかご」と呼ばれ、水域の生態系維持に欠かせない存在ですが、近年アマモ場の衰退が問題になっています。鹿島はそのアマモ場再生のため、種子の発芽促進や種苗の移植の技術を開発しました。

鹿島のアマモ場保全活動の取組みは、2008年度より水産庁の「環境・生態系保全実証調査事業」に適用され、2008年の「全国豊かな海づくり大会」(農林水産省後援)では、鹿島が参画し葉山町漁協やNPO法人からなる「葉山アマモ協議会」が「水産庁長官賞」を受賞するなど注目を集めています。

ページのトップへ戻る

調達における配慮

調達における生物多様性の配慮として、木材調達を中心に関連業界と連携して違法伐採材調達のリスクの低減に努めます。

ページのトップへ戻る

社有林での取組み

鹿島は北海道から九州まで11ヶ所、約1,100haの森林を保有しています。建設会社がこれだけ広大な森林を維持管理する例は少ないですが、「太平洋戦争で荒れ果てた森林を再生することこそ、国家再興の基礎である」という当時の鹿島守之助社長の信念から森林を所有し、半世紀以上にわたり守ってきました。

森林の維持管理はグループ会社のかたばみ興業が行っています。豊かな山林とは樹木の本数が多い状態ではなく、野草から樹木まで草木の種類が多いことを指します。そのため、間伐や下刈作業で育ちのよくない樹木や不要な下草を調整し適正な樹木量にし、幼少樹木の育成を促進するように管理しています。

ページのトップへ戻る

社外コミュニケーション

生態系保全・生物多様性に関する取組みは、企業が単独で行う活動ではなく、研究者やNPO、市民、自治体・政府などと協働して進めることが重要です。

世の中の関心の高まりもあり、近年増加した生物多様性に関するシンポジウムや講演会などに、鹿島は数多く参加し、NPO、有識者、研究者、企業との意見交換を行っています。また、市民向け環境講座、生物多様性に関する企業向けセミナーなどに講師としても参加しています。

今後も、生物多様性について問題提起するとともに、鹿島の取組みについて社会の声に耳を傾けながら活動を推進していきます。

ページのトップへ戻る

ホーム > CSRの取組み >【要素 III 】地球環境保全と環境創造 > 重点課題4 生物多様性保全

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ