ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 女性が働きやすい現場を目指して「パウダールーム」を展開

プレスリリース

[2016/02/03]

283KB

女性が働きやすい現場を目指して「パウダールーム」を展開

~女性技術者・技能者の活躍推進をサポートする職場環境づくり~

 鹿島建設株式会社(社長:押味至一)は、2015年12月17日、「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会」の「行動宣言」に建設業界としては初めて賛同するなど、女性が活躍できる会社を目指して、働きやすい職場づくりに積極的に取り組んでいます。 その一環として、建設現場へ女性専用スペース「パウダールーム」の設置を進め、現在3現場に導入しています。

パウダールーム全体図(京急大師線JV工事事務所)   

パウダールーム全体図(京急大師線JV工事事務所)

 2014年8月、国土交通省と業界団体(※)は、「もっと女性が活躍できる建設業行動計画」を共同で策定し、5年以内の女性倍増を目指して官民一体の取組みが行われています。
 鹿島では、2014年10月に鹿島第一号となる「なでしこ工事チーム」の登録を皮切りに、2015年4月より職場環境改善提案を行う「鹿島たんぽぽ活動」をスタートさせ、 また、同年6月には建設業界では先駆的な試みとなる「男性管理職を対象とした女性部下育成のための研修」を行うなど、女性の活躍推進を目指し、様々な角度から積極的に取り組んでいます。
 その「鹿島たんぽぽ活動」から生まれた現場改善策の一つとして、現場に従事する女性技術者・技能者のための「パウダールーム」の設置を進めています。パウダールームは現場の女性たちの意見を反映させた仕様となっているため、使用する女性たちからは、使い勝手が良いと大変好評です。また、機械監視とカードキーによる入出管理などセキュリティにも十分配慮しています。 現在、京急大師線JV工事、外環国分JV工事、外環本線トンネル(南行)東名北JV工事の3現場にて、それぞれに適したパウダールームを検討のうえ、導入しています。

 今後、これらパウダールームをモデルケースとして、現場規模や設置場所などの環境と働く女性たちのニーズに沿った様々なパターンを用意しながら、全国の現場に積極的に展開していく方針です。

パウダールーム仕様例

○全身鏡を配置した更衣室
○ヘアメイクもできるプライベートスペース
○脱衣スペースのあるシャワールーム
○万全なセキュリティ対策(監視カメラ配備、カードキー施錠、トイレ内防犯ブザー設置)

■京急大師線JV工事事務所

京急大師線JV工事事務所   

   プライベートスペース     シャワールーム前の脱衣スペース

■外環国分JV工事事務所

外環国分JV工事事務所   

デザイン性も意識したロッカー  パネルヒータ、防犯ブザー付きのトイレ      

  ■外環本線トンネル(南行)東名北JV工事事務所

外環本線トンネル(南行)東名北JV工事事務所   

 出入口の明るさを確保、電子錠でセキュリティ対策    脱衣スペースの広いシャワールーム


※(一社)日本建設業連合会 、(一社)全国建設業協会、 (一社)全国中小建設業協会、
(一社)建設産業専門団体連合会 、(一社)全国建設産業団体連合会


(参考)
  女性の声を職場に生かす「鹿島たんぽぽ活動」を全社でスタート 別ウィンドウが開きます   (2015年3月26日プレスリリース)
 

プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 女性が働きやすい現場を目指して「パウダールーム」を展開

ページの先頭へ

ページの先頭へ