ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > シールドトンネル技術 > 総合管理技術

シールドトンネル技術

シールド掘進管理システム
「Kajima Shield Control System」

シールド機及び周辺設備の情報を一元管理

本システムは、シールド機及び周辺設備からのデータを自動収集し一元管理をすることで、数値に基づいた情報化掘進管理を行うことのできるツールです。

計測データの表示のほか、以下の特徴があります。

①ネットワーク上からも掘進管理が可能
②画面をグラフィカルとして高い視認性を持つ
③グラフやデジタル表示はどこでも配置変更が可能
④計測点数は最大4,096点
⑤データ損失を避けるため保存ファイルを二重化
⑥汎用性向上
⑦測量機能はジャイロ、レベル、自動測量などによるシールド機位置の自動計算と軌跡のマップ表示、ダボ、セグメント位置の管理などを行える

図版:シールド掘進管理システム設置状況

シールド掘進管理システム設置状況

キーワード

掘進管理システム、ネットワーク
改ページ

特長・メリットココがポイント

現場に合わせた画面を容易に作成

  • 画面は線形管理画面のようなレイアウトの変更ができない固定画面と、切羽安定管理画面のような自由にレイアウトの変更が可能な汎用画面があります。
  • 汎用画面は、各種グラフ、デジタル値、ランプ表示など自由な配置が可能な画面です。従って、各々の現場の特殊性や工法などに合わせた画面が容易に作成できます。

図版:線形管理画面(固定画面)と切羽安定管理画面(汎用画面)

線形管理画面(固定画面)と切羽安定管理画面(汎用画面)

遠隔地からの監視、メンテナンスが可能

  • 坑内や現場事務所での標準的な監視方法のほか、現場から離れた事務所での監視、遠隔地のメーカーからのシステムやデータのメンテナンスも可能です。

適用実績

図版:シールドトンネル

実績多数。
ほとんどの工事で採用されています。

シールド総合施工管理システム「KSGS®

施工設備の高度な制御を可能にし、効率的で迅速な施工を実現

シールド総合施工管理システム(通称KSGS)は、地上の中央管理室に設置したPCからシールド機、流体輸送設備、泥水処理設備、裏込注入設備、セグメント搬送設備等の遠隔制御と集中監視を可能にするシステムです。

近年、シールド機及び周辺設備は複雑・多様化し、工事は長距離、高速施工、コスト低減が命題となっています。本システムは基本構成を必要最小限とし、必要な機能を付加するシステムとすることによって過剰機能の排除で更なる低コスト化を実現したシステムです。

図版:KSGS全体構成イメージ図

KSGS全体構成イメージ図

キーワード

シールド総合施工管理システム、遠隔制御、集中監視
改ページ

特長・メリットココがポイント

処理設備の自動移送制御を可能に

シールド機・流体輸送設備の操作、処理設備の一次処理の操作と監視、裏込設備の監視(同時注入の場合は操作あり)、テールシールなどの遠隔操作を可能とします。なお、操作にはマウスを使用します。

またシールド機のジャッキ速度制御、カッタ回転方向制御、切羽水圧のPID制御、処理設備の自動移送制御を可能とします。

セグメント・マシン測量結果を管理するシステムも有しています。

図版:シールド機、流体輸送設備操作画面および泥水処理設備操作画面

シールド機、流体輸送設備操作画面および泥水処理設備操作画面

各種オプションで現場のニーズに応える

最小限の基本構成に各種オプションを付け加えることで、現場のニーズにあった仕様の装置を最低限のコストで実現します。

オプション例

  • 坑内操作
    坑内にPCを設置する事により、遠隔操作が可能になります。これは長距離施工に有効です。
  • クライアント機能
    シールド掘進管理システムは事務所や坑内にクライアントとして設けることが可能です。
  • 防爆対応
    防爆ジャイロ、耐震ジャイロを有しています。
  • 大画面ディスプレイ
    大画面ディスプレイに操作画面を映し出すことができます。オペレータと職員で共同監視する場合や、来客者へのプレゼンテーションに最適です。

図版:KSGS設置状況

KSGS設置状況

改ページ

適用実績

図版:新杉田共同溝

新杉田共同溝

場所:横浜市磯子区

竣工年:2011年4月

発注者:国土交通省関東地方整備局

規模:仕上がり内径φ5,700mm
延長3,248m

シールドトンネル技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > シールドトンネル技術 > 総合管理技術

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ