ホーム > 技術とサービス > 鹿島の開発事業 > 事業内容 > オフィス・商業

事業内容

オフィス・商業

お客様の永続的成長と
豊かな未来創造のために

豊富な実績で培われた確かな技術力と企画力で、
将来の人・企業・街・地球を見据えた
理想のオフィス、商業施設を提供します

改ページ

時代のニーズにフレキシブルに対応

東京イースト21

時代のニーズに適合していくオフィスビル

大手町駅から5駅9分、大手企業の集積が進み、賑わい溢れる東陽町の中心に位置する、オフィス棟、ホテル棟、商業棟、商業モール、駐車場棟から構成される大規模複合開発物件です。

竣工来、常に時代のニーズに対応してきました。2008年には旺盛なオフィス需要に応え、商業棟の大部分をオフィスへコンバージョンし、1フロア1,000坪超の大規模オフィスとしてリニューアルしました。さらに2013年にはオフィス棟をリニューアルし、オフィスワーカーの「働きやすさ」を追求するため11階に貸会議室とラウンジを新設、既存ビルへの導入が難しいとされる「コジェネレーションシステム」を追加するなど、最新のデザイン、そして最先端のBCP(事業継続計画)対策を完備したハイスペックオフィスへと生まれ変わりました。

鹿島グループによる決め細やかな維持管理

建物・施設管理や入居テナント管理等のビル運営の全てを、「鹿島東京開発㈱」や「鹿島建物総合管理㈱」等の鹿島グループのビル運営専門会社が行い、きめ細やかな維持管理を継続しています。そして、竣工から20年以上経過した現在も大手企業から外資系企業まで様々な会社が入居され、賑わいあふれる地域のシンボルとなっています。
今後も、新線計画など東京オリンピックに向けて更なる発展が予想されるエリアの中核施設として時代のニーズに適合した「イースト21」として進化し続けます。

図版:ニーズに適合し日々進化する東京イースト21

ニーズに適合し日々進化する東京イースト21

図版:タワー棟11階に設置した入居者様用ラウンジ

タワー棟11階に設置した入居者様用ラウンジ

図版:リニューアルによって生まれ変わったタワー棟2階エントランス

リニューアルによって生まれ変わった
タワー棟2階エントランス

図版:白を基調とした最新のデザインに生まれ変わったEVホール

白を基調とした最新のデザインに生まれ変わった
EVホール

関連情報

改ページ

シンプルで機能的なデザインと快適性を追求

虎ノ門タワーズオフィス

テナント・オリエンテッドをコンセプトに、機能性と快適性を追求

鹿島が開発・設計・施工の総合力を結集した大規模複合開発「虎ノ門タワーズ」。その中核をなす総貸室面積約1万坪の大型賃貸オフィスです。

「テナント・オリエンテッド」をコンセプトに、レイアウトのフレキシビリティを最優先した貸室は、1.8mモジュールで統一され、整形かつ無柱の450坪のフロアプレートです。
共用施設にはテナント専用のカンファレンスルームやコンビニエンスストアなどオフィスとしての利便性も備え、エントランスラウンジでは自動演奏のピアノが来館者を迎えます。
また昨今の環境配慮や安心安全への関心の高まりに先駆け、2006年竣工時点で国内超高層ビル初となるダブルスキンウィンドウや制震装置(オイルダンパー)を採用。東京都の環境確保条例において制度開始以来トップレベル事業所の認定を継続して取得しています。

鹿島グループの総合力を生かして

虎ノ門タワーズオフィスは鹿島が企画・開発・設計・施工し、管理・運営を行っています。
入居テナントの総合窓口としてプロパティマネジメント業務を担うイースト不動産、設備から植栽まで建物全体の維持管理を行う鹿島建物総合管理、テナント工事の設備設計を行うイリア、建物内外への情報発信ツールを制作するKプロビジョンなど、建物の維持管理運営に関わる様々な業務においても鹿島グループの総合力を生かして取り組んでいます。鹿島のフラッグシップビルとして、時代がオフィスビルに求める機能を高い次元で維持・更新し続けることで、単なる働く場を超えた価値を提供していきます。

図版:外観

外観

図版:正面エントランス

正面エントランス

図版:整形・無柱・450坪のオフィス専有部

整形・無柱・450坪のオフィス専有部

図版:ピアノの音色が響くエントランスラウンジ

ピアノの音色が響くエントランスラウンジ

関連情報

改ページ

最新技術を用いて環境に配慮

赤坂Kタワー

国内最高水準のCO2排出量削減を達成

赤坂見附駅から徒歩1分。利便性が高く、地域のランドマークとなる高さ約160mの超高層複合ビルです。

鹿島の最新技術を結集し、次世代の超高層建築物に求められる高度な安全性、快適性、機能性を有しています。アウトフレーム構造に加え、超高性能Low-Eペアガラスなどの先端的な省エネ技術と汎用技術の組合せにより、環境性能としてCASBEE Sランクの評価を取得。省エネ化の難しい賃貸オフィスとして国内最高水準のCO2排出量削減を達成しました。

利便性が高く、フレキシブルなオフィス空間

テナントオリエンテッドをコンセプトに、天井高3.0mの開放的な専有部は、フレキシブルなレイアウトが可能な約400坪/フロアの整形空間とし、外周の柱を建物外部に配すことで窓面まで無駄のないスペース活用を可能にしました。また共用部は、EVホールとWC等を分離させたセキュリティの高い両サイドコアを採用し、設備機器を外周部四隅に分散配置することで設備増強等の多様なテナントニーズに対応しつつ、将来の設備更新性にも配慮しています。

地域のランドマークとなる赤坂Kタワー

地域のランドマークとなる赤坂Kタワー

図版:天井高8mの開放的なエントランス

天井高8mの開放的なエントランス

図版:豊かな緑を感じられる広場空間

豊かな緑を感じられる広場空間

図版:天井高3m、400坪の整形なオフィス専有部

天井高3m、400坪の整形なオフィス専有部

関連情報

ホーム > 技術とサービス > 鹿島の開発事業 > 事業内容 > オフィス・商業

ページの先頭へ