Page Top

ZEB・省エネルギー

ZEB・省エネルギーイメージ

コンセプト

ZEB(ゼブ:ゼロ・エネルギー・ビル)」とは、建物の運用段階でのエネルギー消費量を、省エネや再生可能エネルギーの利用などにより削減し、限りなくゼロにするという考え方です。

地球環境の保全・低炭素社会の構築に向けてZEBへの取り組みが本格化する中、東日本大震災で電力不足問題が深刻化し、究極の節電ビルともいえるZEBが一段と注目を集めています。ZEBを実現するためには、これまでのエコ・デザインの枠を大きく超え、そこで働く人と共にエコ・ワークスタイルを考えて、建物への工夫を行っていくことが必要です。そして、建物運用開始後のモニタリングや改善・改修を通じた実効のあるエネルギーマネジメントの実施、再生可能エネルギーの効率的な利用も重要です。

エネルギーの無駄を効率よく削減しながらも、快適な空間をご提供する鹿島のZEBは、エコ・デザイン、エコ・ワークスタイル、エネルギーマネジメント、再生可能エネルギー、評価技術でZEBを実現させます。日本のCO2削減目標を受けて、経済産業省では2030年までに新築建築物全体でZEBの実現を目標に掲げていますが、鹿島では国に先駆けて2020年までにZEB実現を目指しています。

ZEB実現に向けた鹿島の取組みと、それらを支える様々な省エネルギー技術をご紹介します。

ZEBの考え方ZEBの考え方
改ページ

主要技術・サービス

ZEBを実現するために、建物におけるエネルギー消費の原因を「元から絶つ」と共に、空調・照明などでのエネルギーの高効率な利用を図ります。建築デザインや設備エンジニアリングの工夫により、快適な空間をご提供します。

建物のエコだけでなく、ワークスタイルからエコにしていくことが重要です。ワークスタイルの見直しや意識改革、新しいオフィスのあり方を模索し、知的生産性と省エネの両立を図ります。

エコな建物の省エネ性能を最大限に発揮させること。それが「エネルギーマネジメント」です。運用段階での最適チューニング、省エネ診断・修繕・更新等を行いながら、常に建物の省エネ性能を向上させます。

ZEBを実現するためには、可能な限りエネルギー消費量を削減すると共に、再生可能エネルギーで補うことが必要です。太陽光発電、風力発電、太陽熱、地熱などの最適な利用法をご提案します。

省エネ・CO2削減性能の評価に加え、室内・屋外の快適環境、イニシャルコスト・ランニングコスト・ライフサイクルコストなどの削減などを多面的に評価して、最適なデザイン・技術をご提案します。

 
「技術とサービス」のトップへ