Page Top

ZEB・省エネルギー

ZEB(ゼブ:ゼロ・エネルギー・ビル)の考え方

太陽と風とあなたの協力で、ビルのエネルギーはゼロにできる。

「ZEB(ゼブ:ゼロ・エネルギー・ビル)」とは、建物の運用段階でのエネルギー消費量を、省エネや再生可能エネルギーの利用をとおして削減し、限りなくゼロにするという考え方です。

地球温暖化が加速する今、日本のエネルギー消費量の3割以上を占める、オフィスを含む民生部門での省エネの強化が最も求められています。

KAJIMA ZEB 鹿島は2020年までにZEB実現を目指します!
改ページ

ZEBに向けての鹿島のロードマップ

日本のCO2削減目標を受けて、経済産業省では2030年までに新築全体でのZEBの実現を目標に掲げています。その流れの中、鹿島は国に先駆けて2020年までにZEB実現を目標に掲げています。

図版:ZEBに向けての鹿島のロードマップ

改ページ

鹿島のZEBに対する考え方

我が国のZEB化に向けた動きに対応して、建設業界を構成する一員として、今後取り組むべき分野を下記の5つのカテゴリーに分類しました。それぞれのカテゴリーにおける課題を整理し、ZEBの実現に向けた取り組みを推進します。

図版:鹿島のZEBに対する考え方

01 エコ・デザイン

従来の取り組みの枠を大きく超えた建物や設備の省エネルギーデザインの試行や実用化に取り組みます。

02 エコ・ワークスタイル

建物を利用する人のエコ・ライフスタイル、エコ・ワークスタイルを検討・提案していきます。

03 エネルギーマネジメント

運用開始後のモニタリング・適正な運用と改善などを通じた実効ある省エネルギー管理を支援します。

04 再生可能エネルギー

太陽光発電や地中熱などの活用を推進します。

改ページ
ZEBのイメージ

図版:ZEBのイメージ

改ページ
ZEB・省エネルギー 主要技術・サービス