建物づくりにとどまらない
まちづくりへ
鹿島の挑戦は続く

鹿島は国内外の多領域にグループ企業を擁し、事業展開の可能性をますます広げています。これらの総合力を活かした不動産開発は、鹿島グループの大きな柱の一つとなっています。50年以上前に取り組んだ集合住宅や商業施設などを融合させたまちづくり。当時、民間事業としては最大級といわれたこの開発事業を皮切りに、東京駅をはじめとする主要拠点等において、数多くの大規模プロジェクトを手掛けてきました。オフィスや住宅、それらを組合せた大規模複合開発、リゾート事業、教育・医療施設を含めたPPP・PFI事業、さらには海外での開発事業など、幅広い事業分野において鹿島の挑戦は今も続いています。

赤坂Kタワー、鹿島本社ビル、鹿島KTビル
羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)[ HANEDA INNOVATION CITY ]

赤坂Kタワー、鹿島本社ビル、
鹿島KTビル

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業
(第一期事業)
[ HANEDA INNOVATION CITY ]

私たちのプレゼンス

鹿島の開発事業における最大の特徴は、設計・施工機能などを併せ持つ「ゼネコンデベロッパー」であること。事業企画・商品企画から設計施工、さらには完成後の不動産管理や資産運用に至るまで、開発事業に関わる全てのフェーズにおいて、高い専門性をワンストップ・フルサービスで提供しています。
都市計画手法などの活用により開発ポテンシャルを高めるノウハウ。数多くの実績により蓄積された開発許認可に係る調整力。建設事業で培った技術力に裏打ちされた魅力ある商品企画。事業ニーズに合わせた最適なファイナンススキームの構築。そして効果的なコスト・スケジュール管理能力。これらひとつひとつが私たちゼネコンデベロッパーとしての大きな強みとなっています。

ビルイメージ
代官山イメージ

継続的な事業展開によるノウハウとプロジェクト遂行力の醸成

鹿島の開発事業のプレゼンスは、建設事業で培った信頼と技術力はもちろんのこと、ゼネコンとして早期に不動産開発事業に進出し、長きにわたり、継続的に積み上げてきた事業実績が基盤となっています。特に、土木・建築が一体となって進められる大規模開発や都市部・交通結節点などのエリアでは、鹿島の総合力が大きな強みとなっています。そして、国内のみならず海外での事業展開の経験を通じて開発ノウハウの深耕を図り、プロジェクト遂行力の強化に努めてきました。今後も、最適な事業ポートフォリオの構築を図りながら、着実な成長を目指します。

浜松町二丁目4地区A街区

浜松町二丁目4地区A街区

浜松町二丁目4地区A街区

不動産開発事業の
推進とコンサルティングを担う

鹿島の開発部門においては、鹿島グループの総合力を活かしつつ、事業主として不動産開発事業を推進しています。また、共同事業者とともにプロジェクトを実施したり、これまでに蓄積した開発ポテンシャルを高めるノウハウを活かしたコンサルティングも手掛けています。施設が出来上がっていく過程を常にイメージしつつ、新たな技術や研究開発の成果を随時取り込みながら、さまざまな不動産開発事業に取り組める環境は、鹿島の開発部門ならではと言えます。

加賀レジデンス

加賀レジデンス

加賀レジデンス

みなとみらい21中央地区58街区

みなとみらい21中央地区58街区

私たちが描く、開発事業の未来

私たちは、今後も幅広い事業分野において、また国内外を問わず、これまでに培ったプロフェッショナルとしての豊富な知識やノウハウをベースにして積極的に開発事業を展開する方針です。開発事業を展開するために担当者に求められる資質やスキルは多岐にわたりますが、事業に関わる多くの人たちと意思を通わせるためのコミュニケーション能力、事業の先を見通す先見性、事業全体を俯瞰する広い視野、判断材料を集める行動力や分析力、人を説得するための論理性、そして判断力などが重要になります。こうした多様な能力をバランスよく発揮できる学生の方々と、未来の鹿島の開発部門において、一緒に事業を創り上げていけることを大いに期待しています。