ホーム > 社員向け災害対策情報(BCMプラットフォーム) > NTT災害用伝言ダイヤルについて

社員向け災害対策情報

NTT災害用伝言ダイヤルについて

2017/03/14

NTTでは、被災地へ向けての通話がつながりにくい状況(輻輳)が起こったときに災害用伝言ダイヤルの提供を行なっています。

<使い方>

被災者が自分・家族等の安否情報等を「災害用伝言ダイヤルセンター」へ自分で録音し、被災者の家族・親戚・知人等はその内容を再生して安否等の確認をする。事前のダイヤル登録手続きは不要。

被災地内にいる人 被災地外にいる人
伝言を録音する場合 171+1+自宅の電話番号を市外局番からダイヤル
→録音開始
171+1+被災地内にいる人の電話番号をダイヤル
→録音開始(発生初期は被災地内の電話番号からの登録を優先とし、一時規制される)
伝言を再生する場合 171+2+自宅の電話番号を市外局番からダイヤル
→再生開始
171+2+被災地内にいる人の電話番号をダイヤル
→再生開始

伝言の条件は、

  • 伝言録音時間:1伝言当たり30秒間
  • 伝言保存期間:2日間
  • 伝言蓄積数 :1電話番号当たり1~10伝言(輻輳状況により異なる)

注意事項

  • 利用できる端末は、一般加入電話・公衆電話・携帯電話・PHS・ISDN等の電話。海外からは利用できない。
  • 登録できる被災地の電話番号は、災害により電話がかかりにくくなっているエリアのNTTの電話番号を対象とし、NTTが設定する。
  • 災害用伝言ダイヤルの使用開始、登録できる電話番号など運用方法・提供条件については、状況に応じてNTTが設定し、テレビ・ラジオ・インターネット等を通じて周知される。

ホーム > 社員向け災害対策情報(BCMプラットフォーム) > NTT災害用伝言ダイヤルについて

ページの先頭へ