ホーム > サステナビリティ > ステークホルダー・エンゲージメント

ステークホルダー・
エンゲージメント

鹿島は、すべてのステークホルダーから評価、信頼され、また、当社グループの持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するよう、ステークホルダーとの双方向の対話を実施しています。

お客様

お客様とともに、ニーズを建設物に具現化することが建設事業の本分であり、対話を通じて顧客の真のニーズを把握することに努めています。

企画・開発から設計、エンジニアリング、施工、建物竣工後の運営・管理、維持・修繕に至るまでお客様との長期にわたるコミュニケーションの中で信頼関係を構築し、継続的な対話に基づく最適な建設サービスの提供に努めています。

また、お客様の課題解決のため、幅広いお客様とのネットワークを活用し、お客様同士をつなげる役割を果たすことも重要な務めと認識しています。

調達先

現場における物づくりのパートナーである協力会社とは、公正な取引関係による信頼関係のもと、技能労働者の減少、担い手確保や安全衛生といった課題認識を共有し、その解決に向けて協働しています。

鹿島事業協同組合の活動を中心に、経営トップや、各地域の支店長が協力会社と定期的に意見を交換する場を設け、共有する課題の解決に向けた実効性のある施策について議論しています。

従業員

国内外の多様な当社グループ社員の意見を経営に反映することや、中長期的な会社の方向性を社員と共有することは、持続的な成長の実現を支える非常に重要な要素と考えています。

そのため、経営層と社員組合との間で懇談会を年2回開催し議論するとともに、社長が国内外の建設現場に赴き社員と直接意見交換するなど、当社グループ社員とのコミュニケーションの充実を図っています。

地域社会

建設事業や不動産開発事業は、地域社会と直結した事業であり、各国・地域に根差し、社会・経済の持続可能な発展に寄与することを目指します。

通常の事業を通じた貢献だけでなく、行政との事前協定に基づく災害時の支援や一般社団法人日本建設業連合会を通じた緊急復旧など、災害への対応は建設業の使命と考えています。

また、毎年、地域の小学生向けの現場見学会を開催するなど、次世代教育に取り組んでいます。

株主・投資家

「株主との建設的な対話の方針」を定め、積極的な情報開示に努めるとともに、株主総会のほか、決算説明会や現場見学会、個別面談などを通じ、建設的な対話の促進を図っています。

対話を通じて把握した株主・投資家の意見は、定期的かつ適時・適切に取締役会や経営会議に報告し、経営やIR活動の改善に反映しています。

2019年度における主なIR活動

活動 回数 内容
アナリスト・機関投資家向け
決算説明会
4 社長が出席する決算説明会を年2回開催(第2四半期末、年度末)、
第1、第3四半期末には、IR部門による電話会議を開催。
アナリスト・機関投資家向け
現場見学会など
1 高速道路橋梁工事の現場見学会を実施
アナリスト・機関投資家との
個別対話
173 IR部門が中心となり、アナリストや機関投資家と個別に対話する機会を設定。
IR資料のホームページ掲載 当社ホームページの「株主・投資家情報」に、決算説明会資料、FACTBOOK、四半期決算・受注関連資料などを掲載。
https://www.kajima.co.jp/ir/index-j.html

ホーム > サステナビリティ > ステークホルダー・エンゲージメント

ページの先頭へ