ホーム > 企業情報 > 社長ごあいさつ

社長ごあいさつ

代表取締役社長の写真
代表取締役社長 押味 至一

現場第一主義で社会やお客様にとって価値ある建設・サービスを提供してまいります。

2019年、鹿島は創業180年を迎えました。
1840年(天保11年)の創業以来、この長い歴史を貫いて流れるのが「全社一体となって、科学的合理主義と人道主義に基づく創造的な進歩と発展を図り、社業の発展を通じて社会に貢献する」という経営理念です。

積極果敢に挑戦する「進取の精神」のもと、社会インフラなどの国土開発や日本初の超高層建築など、その時代の先駆的なプロジェクトを手掛けながら、我が国の産業や経済の発展に貢献してまいりました。

2018年度からスタートした「鹿島グループ中期経営計画(2018~2020)」では、建設事業の競争力向上とグループ全体の収益力強化に資する施策に加え、ESG(環境・社会・ガバナンス)の観点から、新たなニーズや社会課題への対応、グループ経営基盤の整備といった2020年の先を見据えた諸施策に取り組んでおります。

私たちはこれらの施策を着実に推進し、鹿島グループの成長を通じて、グローバルな視野で持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

今後も「現場第一主義」を徹底し、それぞれの現場でひとつひとつ心を込めたものづくりに励み、社会やお客様にとって価値ある建設・サービスを提供してまいりますので、変わらぬご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホーム > 企業情報 > 社長ごあいさつ

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ