ホーム > 企業情報 > ガバナンス > コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンス

基本的な方針

鹿島グループでは、「社業の発展を通じて社会に貢献する」ことを経営理念に、全てのステークホルダーの皆様から評価、信頼される企業を目指しています。このため、取締役会、監査役等による経営監督機能の充実と、内部統制システムの整備によるリスク管理と説明責任の遂行、及びコンプライアンス徹底のための施策を通じて、公正で透明性のある企業活動を実現することを、コーポレート・ガバナンスの基本的な方針としています。

コーポレート・ガバナンス体制

取締役会

鹿島では、事業に精通した取締役及び企業経営者や検事・弁護士としての豊富な経験に基づく高い知見を有した社外取締役により構成される取締役会が、経営の基本方針、重要事項等に係る審議・決定や業務執行状況の監督にあたっています。原則として毎月1回、その他必要に応じて開催し、経営の基本方針、法定専決事項、その他経営に係る重要事項等に関する審議・決定を行うとともに、業務の執行状況に関する監督、経営計画の進捗状況の確認等を行っています。

また、取締役会の諮問機関として「社外役員諮問会議」を設置し経営監督機能を強化するとともに、執行役員制度を導入し経営監督機能と業務執行機能の分離・強化並びに経営の効率化・迅速化を図っているほか、業務執行の効率性を高めるため「経営会議」と「特別役員会議」を設置しています。

当社経営理念のもと、当社グループが将来に亘り持続的に成長・発展するため、取締役会全体としての知識・経験・能力のバランス、多様性及び適正規模を勘案したうえで、各分野で培ったビジネス、財務、技術等に関する知見を活かすことのできる能力を備えた人材を選任しています。取締役候補の指名に際しては、客観性と透明性を確保するため、「社外役員諮問会議」において、指名に関する基本的な考え方や取締役会の構成等について協議を行い、取締役会は、その助言・提言を踏まえ審議、決定することとしています。

当社と取締役・執行役員等の利益相反及び関連当事者間の取引について取締役会に諮ることを規程に定めており、当社や当社株主共同の利益を害することのないよう監視しております。

監査体制

鹿島は、監査役制度を採用する監査役会設置会社であり、社外監査役を含む監査役が実効性の高い監査を行う体制を整えています。監査役会はすべての監査役で組織しており、原則として毎月1回、その他必要に応じて開催しています。

各監査役は、監査役会が定めた監査役監査基準に準拠し、監査の方針、職務の分担等に従い、取締役、内部監査部門その他と意思疎通を図り、監査を実施しています。

常勤監査役は、常勤者としての特性を踏まえ、監査の環境の整備及び社内の情報の収集に積極的に努め、かつ、内部統制システムの構築、運用の状況を日常的に監視し検証しています。また定例的に常勤監査役会を開催し、相互に情報交換と意思疎通を図っています。非常勤監査役は、取締役会等の重要会議に出席するほか、主に常勤監査役の日常監査の報告に基づき監査を行っています。

監査役候補の指名に際しては、客観性と透明性を確保するため、「社外役員諮問会議」における指名に関する基本的な考え方や監査役会の構成等についての協議を踏まえ、監査役会の同意のもとで候補者を選定しています。

社外役員諮問会議

「社外役員諮問会議」は、役員人事・報酬関連を含むコーポレート・ガバナンスに関する重要事項について協議し取締役会に対し提言を行う、指名委員会と報酬委員会の双方の機能を担う任意の委員会として設置し、当社のコーポレート・ガバナンスの客観性と透明性の確保を図っています。
構成員は社外取締役及び社外監査役であり、定例会議を原則年2回開催するほか必要に応じ随時開催しています。なお、議案内容に応じ社長ほかの経営陣幹部等が説明者として参加します。

コーポレート・ガバナンス体制図

コーポレートガバナンス体制図

グループ会社の管理体制

当社グループに属する全ての会社に適用する行動指針として「鹿島グループ企業行動規範」を定めているほか、グループ各社でコンプライアンス・マニュアルの策定、企業倫理通報制度の整備等、当社に準じたコンプライアンス体制を構築・運用しております。

経営管理については、「関係会社管理規程」に従い、グループ会社における重要事項の決定に関して当社への事前協議・報告を求めるほか、必要に応じ、当社の役員、従業員をグループ会社の取締役、監査役として派遣し、適切な監督、監査を行っております。

ホーム > 企業情報 > ガバナンス > コーポレート・ガバナンス

ページの先頭へ