ホーム > サステナビリティ > サステナビリティニュース

サステナビリティニュース

CDPサプライヤーエンゲージメント評価のリーダーボード(最高評価)に認定

  • 環境

2021年2月

鹿島は、国際的な環境調査・情報開示を行う非営利団体であるCDP(本部:英国ロンドン)から、昨年12月のCDP気候変動のAリスト認定に続き、CDPサプライヤーエンゲージメント評価(SER)において最高評価にあたる「リーダーボード」に選出されました。

当社は、「鹿島環境ビジョン:トリプルZero2050」の下、施工段階におけるCO2排出量の削減に加え、省エネルギー設計、ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の普及・展開などを積極的に推進するとともに、建材メーカー等と協働し、低炭素建材の開発・導入を進めています。

図版:ロゴ

また、「鹿島グループサプライチェーン行動ガイドライン」において、協力会社に対する温室効果ガスの排出抑制やエネルギー効率の向上など気候変動課題への取組方針を定めて励行を図り、サプライチェーン全体における温室効果ガス排出量の削減に取り組んでいます。

ページの先頭へ

改ページ

関連情報

ホーム > サステナビリティ > サステナビリティニュース

ページの先頭へ