ホーム > KAJIMAダイジェスト

2021
特集

新体制始動

現場勤務時代から長い間見てきた。目標に向け,計画や施策を練り着実に遂行する力と強いリーダーシップを兼ね備えた人物―― 押味前社長は,バトンを渡すにあたり,天野新社長をこう評した。新型コロナウイルス,地球規模での気候変動と脱炭素化,デジタル化の進展などによって,急速に変化する経営環境への適応力が企業に求められる中,基幹支店などでの豊富な経営実績を持つ天野新社長への期待は大きい。天野新社長に今後の経営戦略を聞いた。

続きを読む
特集

鹿島グループ中期経営計画
2021~2023

─ 未来につなぐ投資 ─

今年度から「鹿島グループ中期経営計画(2021~2023)」がスタートを切った。新型コロナウイルスの影響が続き,国内建設事業における受注競争が厳しさを増す中,鹿島グループが将来にわたって発展し続けるため,中長期的な成長を強く意識し,未来につなぐ投資を積極的に進める3年間となる。今月号は,新中期経営計画の全体像や主要施策,注目分野を紐解くとともに,新たに発表した「ビジョン」作成の舞台裏に迫る。

続きを読む
特集

風の時代

再生可能エネルギーへのシフトに向けて,世界で導入が進む風力発電。技術向上により,風車の大型化,ウィンドファームの大規模化が進み,脱炭素社会実現の切り札として可能性を秘めた洋上風力発電にも注目が集まる。長年当社が取り組んできたプロジェクトを紹介し,その展望を見据える。

続きを読む
特集

3.11 東日本大震災から10年
[後編]

あの日から10年が経った。これまで当社社員を含めた多くの関係者が,復興に向けた最前線での取組みやたくさんの思いを,当誌に言葉として残してくれた。地震,津波,そして福島第一原子力発電所の事故と,未曽有の大災害から復興を目指した東北。国は今年度から5年間を「第2期復興・創生期間」と位置づけ,事業を推進していく。今月は当社が今かかわるプロジェクトから,東北のこれからを伝えていく。

続きを読む
特集1

3.11 東日本大震災から10年
[前編]

2011年3月11日,三陸沖を震源とする「東北地方太平洋沖地震」が発生した。本震とそれに伴う津波や余震により,東北から関東にかけての東日本一帯に甚大な被害をもたらした。東日本大震災から10年,復興・創生期間を経て新たなステージを迎えるにあたり,本誌では2ヵ月にわたって震災に対する当社の取組みと東北のこれからについて特集する。今月はこれまで当社が担ってきた復旧・復興工事の数々を振り返る。

続きを読む
特集

「魅せる」建築技術と
デザイン

建物の顔をつくりあげるファサード。そこには美しい意匠にくわえ,風雨や熱,経年変化などから建物自体を守る機能性が求められる。今月はこうした建築物の「仕上げ」に着目。魅せるデザインをつくるさまざまな鹿島の技の粋を紹介する。

続きを読む
特集

新年に臨む世界と日本の拠点からいざ!2021

2021年の初陣を飾る今月の特集は,世界と日本の拠点から新年に臨む。鹿島を豊かな未来へ導くため,各拠点長が2021年に臨む想いをメッセージに込めた。1840年の創業から1899年の海外展開を経て世界に誇る「100年をつくる会社」の新たな年の幕開けを,世界で手掛ける千差万別のいま“注目”プロジェクトとともに紹介する。

続きを読む

ホーム > KAJIMAダイジェスト

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ