ホーム > サステナビリティ > 社会貢献トピックス

社会貢献トピックス

「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2020に協賛

  • 次世代教育
  • 文化芸術の振興

2020年12月

12月4日~11日に、全国水土里ネット(全国土地改良事業団体連合会)と都道府県水土里ネット(都道府県土地改良事業団体連合会)主催、鹿島が今年から協賛する「ふるさとの田んぼと水」子ども絵画展2020が東京都美術館(東京都台東区)で開催されました。

この絵画展は、子どもたちに田んぼや水、農業、農村や自らの環境などに関心をもってもらい、この財産を次世代へと引き継いでいくことを目的に、小学生以下を対象に開催されたコンクールの受賞作品を展示したものです。

21回目となる今年は、コロナ禍の制約により、多くの子どもたちが屋外での描写ができない中での募集でしたが、創造力豊かな子どもたちのふるさと自慢の絵画が、全国から4,883点集まりました。その中から入賞32点、地域団体賞42点、入選158点が選出されました。

当社提供の「KAJIMA 100年のみどり賞」(入賞)には、新潟県上越市立豊原小学校4年 武藤杏奈さんの作品が選ばれ、審査委員からは遠近法を用いた構図や光・水面など細部の描き方に工夫を凝らしている点などが評価されました。

図版:KAJIMA 100年のみどり賞 武藤杏奈さん「夜の田んぼ」。家の周り、ホタルが飛ぶ風景を描きました。

KAJIMA 100年のみどり賞 武藤杏奈さん「夜の田んぼ」
家の周り、ホタルが飛ぶ風景を描きました。

図版:選考会の様子

選考会の様子

ページの先頭へ

“オンライン授業”でキャリア教育を支援

  • 次世代教育

2020年12月

新型コロナ感染症の拡大をうけて、全国の中学校では、職業体験などの特別活動を開催できない状況が続いています。このような中、子どもたちの「社会に開かれた学び」の機会が損なわれないよう、代替となる教育支援プログラムとして、『キャリアチャレンジデイ On-Line-Meets※』が開催されました。

当社からは建築系の女性技術者が講師として参加。大阪市立新巽中学校(大阪府)、石川郡平田村立ひらた清風中学校(福島県)、中野区立第二中学校(東京都)の3校・約340名に対し、オンライン授業を行いました。

社会における鹿島の役割やゼネコンの仕事、自身の仕事における意思・役割・能力について、実際にあったエピソードを交えながら授業を実施。質問コーナーでは生徒から、仕事のやりがいや挫折した経験、海外での実績など、幅広い質問が寄せられ、「将来、建設業に携わりたい!」という声も聞かれました。

コロナ禍で通常の学校生活が送れない日々でも、社会で働く”生”の話を聞き、将来を考える一助となれば幸いです。

※キャリアチャレンジデイとは、(株)キャリアリンクが主催するオンラインによるキャリア教育イベントで、東日本大震災により職業体験ができなくなった中学生を対象に文部科学省の復興教育事業としてスタートしたものです。

図版:参加校の教室とオンラインでコミュニケーション

参加校の教室とオンラインでコミュニケーション

図版:実際に使用したスライドの一部

実際に使用したスライドの一部

ページの先頭へ

(公財)鹿島美術財団がメセナ大賞を受賞

  • 文化芸術の振興

2020年11月

企業メセナ協議会主催の「メセナアワード2020」贈呈式が、11月20日に浜松町コンベンションホール(東京都港区)で開かれ、(公財)鹿島美術財団※が提供している鹿島美術財団賞がメセナ大賞を受賞しました。
メセナアワードは、企業や企業財団による優れた芸術・文化振興による社会創造活動を表彰するものとして1991年に創設され、活動の一層の充実を祈念して贈呈される顕彰事業です。

鹿島美術財団は、1994年以降、毎年助成した研究の中から特に優れた成果をあげたものに対し、「鹿島美術財団賞」を授与し、研究発表会を開催しています。現在では、日本美術界を代表する財団賞と称されるまでになり、受賞をきっかけに大学や研究機関への職についたり執筆・講演の依頼につながったなどの実績も多く、若手研究者にとって大きな飛躍へとつながっています。

美術研究への支援を長年継続し若手研究者の育成に貢献してきたことや、美術界を支える多くの人材を顕在化し、研究の質を高め、芸術文化全体の発展に寄与してきたことが高く評価されました。

図版:大賞を受賞した(公財)鹿島美術財団

大賞を受賞した(公財)鹿島美術財団

図版:表彰状を受領する高橋司専務理事

表彰状を受領する高橋司専務理事


※鹿島美術財団は、「美術の振興をはかり、日本の文化の向上と発展に寄与する」ことを目的に、1982年に設立され、主に全国の若手・中堅の美術研究者を対象に、美術に関する調査研究助成をはじめ、出版援助や国際交流援助、美術講演会の開催などの事業を行っています。設立からおよそ40年にわたり、約2,600件(総額約20億6,000万円)を助成してきました。

ページの先頭へ

建設業技能体験アカデミーに参画

  • 地域貢献

2020年2月

2月18日、大阪府のハローワーク池田が主催し、鹿島が参画した建設業技能体験アカデミーに、建設業に興味を持つ求職者およそ30人が参加しました。

現在、国内における技能者は、55歳以上が全体の約3分の1を占めており、10年後にはその大半の引退が見込まれています。それに比べて、29歳以下の技能者の割合は全体の約10%程度で、将来の建設業を支える担い手確保が喫緊の課題となっています。

建設技能体験アカデミーは、若手入職者の確保・育成に向けた取組みとして企画されたもので、映像による建設現場の紹介の後、協力会社10社による業務内容の紹介や会社PRを行いました。鉄筋工・左官工など9種類の技能体験ブースで、実際に建設業の仕事を体験した参加者からは「知らないことがたくさんあり、もっといろいろと体験してみたい。」、「教育の場があることを知らなかった。このような制度は魅力的」などの感想があり、建設業に対する理解を深めてもらうことが出来ました。

これからも建設業の意義・魅力を伝え、人材の確保・育成に取り組んでいきます。

図版:映像によるレクチャー

映像によるレクチャー

図版:実際に建設業の仕事を体験

実際に建設業の仕事を体験

ページの先頭へ

大狩部トンネルJV貫通石寄贈

  • 地域貢献
  • 次世代教育

2020年1月

1月16日、大狩部トンネルの掘削工事において、「貫通石」入りの御守りを新冠中学校の生徒151人に寄贈しました。昨夏に現場を見学されたご縁から、現場所長が彼らの高校入試の合格祈願をこめて企画したものです。

貫通石は、「意思(石)を貫く」という語呂合わせと、数々の困難を乗り越えて貫通に至るトンネル工事を受験になぞらえ、学業成就や合格祈願の御守りとされています。※

御守りを受け取った生徒からは「見学したトンネルの貫通石のお守りで、受験を突破できるように頑張りたい」、「御守りをもらえてうれしい。将来、高校進学や安産を期待したい。」など、感謝の言葉をいただきました。

これからも次世代を担う子供たちに、ものづくりの魅力を伝えるとともに、地域社会との共生を目指していきます。

※貫通石についての言い伝えは諸説あり、安産祈願の御守りとしても大切にされています。

図版:合格祈願!頑張ってください。

合格祈願!頑張ってください。

図版:貫通石が入った御守り

貫通石が入った御守り

ページの先頭へ

改ページ

社会貢献トピックス 
インデックス

  • 2020
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015

関連情報

ホーム > サステナビリティ > 社会貢献トピックス

ページの先頭へ