ホーム > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 社長メッセージ

社長メッセージ

株主・投資家の皆様へ 代表取締役社長 押味至一

新「中期経営計画」に掲げた施策を積極的に推進し、持続的な成長を図ってまいります。

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

世界経済への新型コロナウイルス感染症の影響は収まりを見せず、先行きの不透明な状況が続いておりますが、医療・医薬の充実や各種政策の効果等により、次第に回復していくことを期待しております。建設市場につきましては、技術革新に対応する建設投資が底堅く推移するとともに、脱炭素化やデジタル化などの進展に伴う新たな建設需要が創出されると予想しております。

こうした中、鹿島グループは、2020年度を最終年度とする「中期経営計画」に掲げた施策に総力を挙げて取り組んでまいりました。国内建設事業の生産能力増強や競争力向上に加えてグループ全体の収益力強化に向けた取り組みの成果として、計画期間中の全ての年度において目標を上回る結果を残すことができました。

今年度、鹿島グループは、長期的に目指す姿である「ビジョン」を定め、この「ビジョン」と持続的な成長の実現に向けた「マテリアリティ(重要課題)」に結びついた「鹿島グループ中期経営計画(2021~2023)」を策定しました。この計画に基づき、加速度的に変化する経営環境や市場動向を的確に捉えた施策や投資を積極的に推進し、経営目標の達成と持続的な成長を図ってまいります。

今後とも何とぞご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホーム > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 社長メッセージ

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ