ホーム > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 社長メッセージ

社長メッセージ

株主・投資家の皆様へ 代表取締役社長 押味至一

事業環境の変化に対応できる体制を確立し持続的な成長と企業価値の向上を図ってまいります。

平素は格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

世界経済は、先行きに不透明感は残るものの、全体として緩やかに成長していくと見込まれます。我が国においては、政府・日銀による各種政策が下支えとなり個人消費や民間設備投資が改善し、景気は着実に回復基調にあると期待しております。

こうした中、鹿島グループは「中期経営計画(2015~2017年度)」に基づき、国内建設事業の再生・強化に向けた施策を集中的に推し進めるとともに、グループの強みを活かせる事業領域の強化・拡充と経営基盤の整備に取り組んでまいりました。これまでの取り組みの成果に加えて市場環境の好転が寄与し、2016年度の業績は年度目標を大きく上回る結果となりました。

鹿島グループは引き続き、事業環境の変化に対応できる体制の確立に取り組み、持続的な成長と企業価値の向上を図り、株主・投資家の皆様のご期待に応えてまいる所存です。

今後とも何とぞご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ホーム > 株主・投資家情報 > 経営方針 > 社長メッセージ

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ