第22回鹿島美術財団賞を2氏に贈呈 | プレスリリース | 鹿島建設株式会社

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 第22回鹿島美術財団賞を2氏に贈呈

プレスリリース

[2015/05/15]

133KB

第22回鹿島美術財団賞を2氏に贈呈

 公益財団法人鹿島美術財団(理事長:鹿島昭一)は、「鹿島美術財団賞」の第22回受賞者を決定しました。
 鹿島美術財団賞は、美術史研究の一層の振興を目的として1994年に設けられたもので、毎年、助成者の研究成果をまとめた論文(同財団刊行の『鹿島美術研究』に掲載)の中から選考され、特に優れたものに対し贈呈されています。
 高階秀爾 東京大学名誉教授をはじめ計5名の選考委員による審査の結果、今回は、2013年に助成を受けた53件の研究のうち、次の2氏の論文が財団賞として選ばれ、5月15日(金)の授賞式にて、賞状と副賞50万円が授与されます。

 我が国では美術研究者の優れた研究に対して授与される賞には「國華賞」(朝日新聞社関連)など数少ないことから、本財団賞は年々美術研究者の大きな関心を集めています。

 鹿島美術財団は、美術の振興をはかり、もって我が国の文化の向上、発展に寄与することを目的に1982年(昭和57年)に設立され、全国の若手・中堅の美術研究者を主な対象として、美術に関する調査研究助成を中心に、出版援助や国際交流援助、並びに美術講演会などの美術普及振興を行っています。その実績は、これまでに約2,170件、総額約17億6,000万円にのぼります。

第22回鹿島美術財団賞 受賞者

 《西洋美術部門》
   杉山菜穂子(すぎやま なおこ) 34歳
     (三菱一号館美術館 学芸員)
      研究主題:「トゥールーズ=ロートレックとシェレのジャポニスム」

 《日本・東洋美術部門》
   ミウォシュ リチャード ヴォズニ(Milosz Ryszard Wozny) 31歳
     (東京国立博物館アソシエイト・フェロー)
       研究主題:「曾我蕭白筆「雪山童子図」について
             ―『釈迦の本地』、捨身飼虎、庚申信仰との関係性を中心に―」

授賞式

  •  日 時:2015年5月15日(金)13:30~
  •  場 所:鹿島KIビル 大会議室

*授賞式に引き続き、上記受賞者による研究発表会が開催されます。

プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 第22回鹿島美術財団賞を2氏に贈呈

ページの先頭へ

ページの先頭へ