「グレーシアタワーズ海老名」(477戸)を新発表| プレスリリース | 鹿島建設株式会社

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 「グレーシアタワーズ海老名」(477戸)を新発表

プレスリリース

[2017/07/03]

1.32MB

「グレーシアタワーズ海老名」(477戸)を新発表

「IT」×「フィットネス」が融合した次世代型健康支援サービスを(株)リコーと共同企画
海老名駅西口駅前新街区「海老名市扇町」の免震ツインタワーマンション

相鉄不動産株式会社
伊藤忠都市開発株式会社
鹿島建設株式会社

 相鉄不動産(株)(本社・横浜市西区、社長・杉原正義)、伊藤忠都市開発(株)(本社・東京都港区、社長・寺坂晴男)、鹿島建設(株)(本社・東京都港区、社長・押味至一)の3社は、相鉄本線・小田急小田原線・JR相模線「海老名」駅の駅前新街区「海老名市扇町」に位置する、「グレーシアタワーズ海老名(総戸数477戸)」の建設に着手し、本マンションのホームページ開設や資料請求の受け付けを開始しています。
 本マンションは、海老名駅西口土地区画整理事業で新しく誕生した「海老名市扇町」内に建設される2棟のタワーマンション(イースト棟・ウエスト棟)です。海老名において事業所を構える(株)リコーと連携して、マンション居住者の健康支援する「IT」と「フィットネス」を組み合わせた新しいサービスを共同企画し、導入します。
 本マンションでは、上記取り組みのほか、免震装置の導入、72時間対応の非常用発電機や全階防災倉庫の設置など防災面も充実しています。なお、イースト棟のプロジェクト発表会を2017年(平成29年)7月29日(土)に行います。
 なお、概要は別紙のとおりです。

「グレーシアタワーズ海老名」の特長

  1. 海老名駅西口新街区「海老名市扇町」内、「ららぽーと海老名」に隣接した立地
  2. 鹿島建設による設計・施工の免震ツインタワーマンション
  3. 大規模レジデンスにふさわしい共用中庭「コミュナルガーデン」等、充実した共用施設の設置
  4. 開放的な空間を追求した「ダブルチューブ構法」、「ハイサッシ」の採用
  5. 「IT」×「フィットネス」が融合した健康支援サービス
  6. 安全・安心の防災対策を導入

 

「グレーシアタワーズ海老名」の外観(完成予想図)  

「グレーシアタワーズ海老名」の外観(完成予想図)


詳しくは、こちらをご覧下さい。
(別紙)「グレーシアタワーズ海老名」の概要と主な特長(PDF:1.23MB)』 別ウィンドウが開きます


プレスリリースに記載された内容(価格、仕様、サービス内容等)は、発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > 企業情報 > プレスリリース > 「グレーシアタワーズ海老名」(477戸)を新発表

ページの先頭へ

ページの先頭へ