Page Top

ZEB・省エネルギー

評価技術

多面的に評価、最適デザイン・技術を
ご提案

省エネ・CO2削減性能の評価に加え、室内・屋外の快適環境、イニシャルコスト・ランニングコスト・ライフサイクルコストなどの削減などを多面的に評価して、最適なデザイン・技術を提案します。

評価技術 イメージ

省エネルギー性能評価

建物の省エネルギー性能を評価する手法として、下記のような指標・ツール・プログラムがあり、これらを設計初期段階から活用して、省エネルギー設計に役立てています。

PAL(Perimeter Annual Load : ペリメータ年間熱負荷係数):
エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づき、建物の断熱・日射遮蔽性能を評価します。

CEC(Coefficient of Energy Consumption:エネルギー消費係数):
エネルギーの使用の合理化に関する法律に基づき、空調・換気・照明・昇降機・給湯の各設備のエネルギー効率を評価します。

The BEST Program(BEST:Building Energy Simulation Tool):
建築物の総合的なエネルギーシミュレーションツールで、一般社団法人日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアム(JSBC)により開発されました。

LCEMツール(Life Cycle Energy Management Tool):
建物のライフサイクル(企画・計画、 設計、 施工、運用、改修)を通じて、省エネルギー性能の分析・評価を行うためのシミュレーションツールで、(社)公共建築協会により開発され、国土交通省営繕部より公開されています。

空調システムシミュレーションプログラム
(社)空気調和・衛生工学会などの委員会に参加した際のノウハウを生かし、当社独自のプログラムを開発・活用しています。

改ページ

評価技術・試算例

PALによる庇の省エネ効果の試算例

Low-Eガラスと庇で高い削減効果が期待されます。

図版:PALによる庇の省エネ効果の試算例

窓周りの温熱環境性能評価

高い省エネルギー性能と温熱環境性能を持つ様々なファサードの検討・提案に際して、窓からの放射を含めた温熱環境の性能評価を活用しています。

図版:窓周りの温熱環境性能評価

北側教室の昼光利用の効果の試算例

北面の窓からの昼光は安定しているため、カーテンが不要となり、室の奥まで光が届きます。
これらを簡易に評価し建築計画に反映することが可能です。

図版:北側教室の昼光利用の効果の試算例

改ページ
室内気流シミュレーション(CFD)

大空間の自然換気、高発熱工場の自然換気、工場の居住域空調などの計画に際して、室内気流シミュレーション(CFD)を効果的に活用しています。

図版:大空間の自然換気

大空間の自然換気

図版:高発熱工場の換気・空調計画

高発熱工場の換気・空調計画

図版:工場の居住域冷房

工場の居住域冷房

図版:アリーナの自然換気

アリーナの自然換気

改ページ
CASBEEによる評価

CASBEE(建築物総合環境性能評価システム)とは、省エネや省資源などの環境負荷の削減だけでなく、室内の快適性や景観への配慮といった環境品質の向上も含めて、建築物の環境性能を総合的に評価するシステムです。このシステムは現在、国土交通省の支援のもと、JSBC(日本・サステナブル・ビルディング・コンソーシアム)により運営されています。

鹿島では、原則的にすべての設計施工の案件でCASBEEを活用して、環境配慮設計を推進しています。

鹿島では、CASBEEを設計時のチェックツールとして活用していますが、評価結果の信頼性や透明性を高めるために、第三者認証の取得にも取り組んでいます。

図版:CASBEEの最高ランク(Sランク)の第三者認証を受けた事例

CASBEEの最高ランク(Sランク)の第三者認証を受けた事例
改ページ
ライフサイクルコスト評価

建物の計画・設計・施工・運用・修繕・更新・解体廃棄という長いライフサイクルにわたって、必要となる費用、環境負荷を事前に予測し、最適な建物・設備を提案します。

LCC(ライフサイクルコスト評価)
建物のライフサイクルでの費用は、建設費に比べ一般的には4~8倍と言われています。この差は、建物寿命が延びるほど、運用時の費用や修繕・更新の費用が増加するために生じます。建物の計画・設計段階で、運用開始後の費用を削減する工夫が重要となります。

図版:ライフサイクルコストの試算例

ライフサイクルコストの試算例

長期修繕計画
運用開始後の建物の修繕・更新費用に着目して、その支出の平準化や、将来の予算措置などに役立てるのが長期修繕計画です。鹿島は、顧客建物の長期修繕計画の策定を支援します。

図版:長期修繕計画の試算例

長期修繕計画の試算例

改ページ
ライフサイクル環境評価

LCA(ライフサイクル環境評価)
LCAとはライフサイクルにおける環境影響を統合評価することを目指した評価です。建築分野では日本建築学会などが主導的な役割を果たし、ツール整備を行っており、当社もこの活動に参加し、社内でも活用しています。

LCCO2評価(ライフサイクルCO2評価)
建築分野では、LCAの中で、地球温暖化に着目したLCCO2評価が用いられるようになってきています。CASBEEにも取り入れられ、汎用的に活用されています。

LCW評価(ライフサイクル廃棄物評価)
建物は建設段階などで大量の資源を消費し、解体段階などで大量の廃棄物を発生します。修繕・更新段階でも同様の環境影響を与えています。これらの環境負荷はLCWという指標で評価できます。