Page Top

制震・免震技術

さまざまな「揺れ」と制震・免震

鹿島の技術があらゆる建物をさまざまな「揺れ」から守ります。

「揺れ」の違い

建物が揺れる原因はさまざまです。
地震はもちろんのこと、強風や交通振動なども揺れの原因となります。

地震 強風 振動
このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

日々起こり得る小さな地震から大地震まで揺れの大きさは様々です。地震による家具の転倒やドアのゆがみ、窓ガラスや壁の破損、天井の落下などの危険性から建物を守るだけでなく、地震時の揺れから居住空間を守る快適性の確保も必要とされています。

このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

自然の力である「風」もまた、建物を揺らす一因です。しかも建物が高層であればあるほど風から受ける力が強くなり、上層階の揺れ幅が大きくなります。高層ホテルなど、快適な居住空間が必要されている建物には、強風による揺れを抑える対策が必要となります。

このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。

交通量が多い道路や鉄道に隣接している建物では、大型トラックや電車、列車の通過時に発生する振動により安定性や快適性が損なわれます。そうした快適性を確保するのはもちろん、細かな揺れが影響する精密機器等を扱う建物や医療機関などでは振動による揺れから建物を守らなければいけません。

改ページ

耐震・制震・免震の違い

建物は建築基準法に基づき、地震に耐え得るよう建物の躯体を筋交いや耐震壁などを用いて強化することで、頑丈な骨組みを作っています。これが耐震構造です。ただし、大地震時には構造物が崩壊しないことを前提に、部分的に損傷を受けることを許容した構造で対策しなければ家具などの転倒が起こりやすくなります。

より耐震安全性を向上させるためには制震構造や免震構造を採用することをお勧めします。
制震構造は、建物内に制震装置を設置することにより建物が揺れにくくなります。地震や風揺れ、長周期地震動に効果を発揮し、安価で短工期です。
免震構造は地盤と建物の間に装置を設置することにより、建物への揺れを低減します。家具・什器等の転倒を抑えられるので、安全性は飛躍的に向上します。また交通などの振動対策も可能です。


耐震構造とは 地震時に建物に生じる力に耐えるように設計された構造体のことです。
制震構造とは 建物内に揺れを吸収する制震装置を設置し、揺れを低減します。
建物の状況にあわせ、さまざまな制震装置があります。
免震構造とは 地盤と建物の間に地震を受け流す免震装置を設置し、
建物への地震力の伝達を低減します。
耐震
このページの閲覧には
Flash Playerが必要です。