ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > ダム技術 > 安全管理

ダム技術

GPS車両運行管理システム「スマートG-Safe®

工事車両のリアルタイム運行管理と出来高管理の自動化

GPS車両運行管理システム「スマートG-Safe」は、ダンプ等の工事車両の運転席横にスマートフォンもしくはタブレット端末を設置し、運行中の速度監視・注意喚起はもとより、工事車両の位置情報の把握や、運行管理者とドライバーの双方向通信が可能なシステムです。

これまで現場のニーズに合わせて随時機能向上を図り、狭隘な道路における大型車両同士のすれ違い管理や土砂等の輸送物管理、出来高管理の自動化機能も付加しています。

本システムは大型ダンプをはじめとする工事車両の安全な運行と作業効率の向上を実現しています。

特許登録済及び特許出願中

図版:車載タブレット

車載タブレット

図版:システム概念図

システム概念図

キーワード

車両、運行管理、安全管理、出来高管理、GPS
改ページ

特長・メリットココがポイント

運行状況のリアルタイムな把握とドライバーとの緊密な連携

工事車両の位置をGPSにより把握し、車両の現在位置を現場事務所の運行管理画面に地図表示し、ドライバー名や積荷を一覧表示できます。また、運行管理者からドライバーに運搬ルートや積み込み場所の変更等を直接指示することができるとともに、ドライバーからも渋滞情報や積荷の落下等の発見を画面タッチにより簡単に運行管理者に通報することができます。運行管理者とドライバーとの双方向通信を可能とすることで、道路状況や交通状況をいち早く把握し、渋滞解消やダンプの運行間隔が平準化され、作業の効率化と安全性向上を実現します。

図版:運行管理イメージ

運行管理イメージ

改ページ

狭隘区間で対向する工事車両のすれ違いを管理

「スマートG-Safe」では、運行管理画面と車載端末の両方に全車両の位置情報を更新間隔5秒で表示しています。対向する車両同士の位置をタイムラグ無く把握できるため、安全なすれ違い管理が可能となっています。積載物の有無判別(実車・空車)と仮想ゲート位置の工夫により、実車優先の管理ができます。

図版:狭隘区間でのすれ違い管理イメージ

狭隘区間でのすれ違い管理イメージ

運行支援

車載端末では指定された走行ルートの地図上表示、ナビゲーション及び走行注意箇所の警告を行います。万が一指定ルートを逸脱した場合には、車載端末でドライバーに音声警告されます。また、速度超過や急ブレーキ等の危険運転についても同様に音声警告されます。

警告は、運行管理者へ自動でメール通報されるため、違反者の特定と再教育ができます。

積載物の管理と出来高管理を実現

何を、いつ、どこから、どこへ、どのくらい運搬したかを自動記録し、集計できます。集計されたデータから出来高を迅速かつ確実に管理することが可能となり、運行管理日報も自動作成できます。

図版:運行管理日報イメージ

運行管理日報イメージ

改ページ

適用実績

図版:災害廃棄物処理事業(石巻ブロック)

災害廃棄物処理事業
(石巻ブロック)

場所:宮城県石巻市

工期:2011年9月~2014年9月

発注者:宮城県

規模:処理量 災害廃棄物232万t
津波堆積物71万t 合計303万t
対象区域(石巻市、東松島市、女川町)

図版:大分川ダム建設(一期・二期)工事

大分川ダム建設
(一期・二期)工事

場所:大分県大分市

竣工年:2019年11月

発注者:国土交通省九州地方整備局

規模:中央コア型ロックフィルダム
堤高さ91.6m 堤頂長400m
堤体積387万m3

図版:中間貯蔵施設パイロット輸送工事

中間貯蔵施設
パイロット輸送工事

場所:福島県

工期:2015年10月~2016年3月

発注者:環境省

学会論文発表実績

  • 「タブレット型GPS端末を利用した車両運行管理システム『スマートG-SAFE』の開発と適用」,土木学会,第68回年次学術講演会,2013年9月
  • 「車両運行管理システムによる輸送・出来高管理の実現と安全性向上」,平成27年度建設施工と建設機械シンポジウム論文集・梗概集,2015年12月

ダム技術 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > ダム技術 > 安全管理

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ