ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 都市インフラ > リニューアル

都市インフラ

後施工せん断補強鉄筋
「セラミックキャップバー®(CCb)工法」

後施工セラミック定着型せん断補強鉄筋

セラミックキャップバー(CCb)工法は、地下構造物など、構造物の内側からしか補強できない構造物に対して、両端にセラミック製の定着体を取付けたせん断補強鉄筋を挿入・一体化してせん断耐力やじん性を向上させる工法です。耐食性に優れるセラミック製定着体をコンクリート部材の表面付近に配置できるため、定着部の耐久性を確保すると共に、従来工法に比べて優れたせん断補強効率を実現します。

補強鉄筋の径はD13、16、19、22、25、29、32に対応できます。

土木研究センター 建設技術審査証明(811号)

図版:CCb工法の材料基本構成

CCb工法の材料基本構成

図版:CCb工法の材料外観(セラミック製定着体と組立完了後)

CCb工法の材料外観(セラミック製定着体と組立完了後)

キーワード

耐震補強、RC構造物、後施工せん断補強鉄筋、せん断補強、セラミック
改ページ

施工手順

図版:横向きの場合のCCb工法施工手順

横向きの場合のCCb工法施工手順

図版:鉛直上向きの場合のCCb工法施工手順

鉛直上向きの場合のCCb工法施工手順

改ページ

特長・メリットココがポイント

高いせん断補強効率

  • 高耐久のセラミック製定着体により補強鉄筋を部材表面に配置できるため、従来工法と比較して補強効率が大きくなり、配置本数を減らしたり、配置間隔を大きくすることが可能です。

図版:CCb工法のせん断補強効率

CCb工法のせん断補強効率

優れた施工性

  • 定着体とねじ節鉄筋をそれぞれ現地に搬入し、現地で組立てを行います。そのため、工場における組立製作や工場から現地までの輸送は不要です。
  • ハンチ部などで鉄筋長の現場調整が必要な場合でも、迅速・確実に対応が可能です。また、狭隘部においても大型機材を用いずに施工が可能です。
  • 機械式継手を使用すれば、長い鉄筋も分割して挿入できます。

図版:CCb組立状況

CCb組立状況

図版:機械式継手による施工図

機械式継手による施工図

高い耐久性

  • 定着体は耐久性に優れる高純度アルミナ製セラミックスを使用しており、酸・アルカリ・塩分に曝されるなどの過酷な環境下でも腐食することがありません。
  • グラウト充塡用ホースなどの異物を削孔内に残さないため、構造物の品質を低下させません。

図版:耐食性能の比較

耐食性能の比較

改ページ

適用実績

図版:砂町水再生センター砂系ポンプ場及び分水槽耐震補強

砂町水再生センター砂系
ポンプ場及び分水槽耐震補強

場所:東京都江東区

竣工年:2009年10月(CCb施工完了)

発注者:東京都下水道局

規模:D22 35本

図版:加賀沿岸流域下水道(大聖寺川処理区)ポンプ場

加賀沿岸流域下水道
(大聖寺川処理区)ポンプ場

〔他社工事、カジマ・リノベイト(鹿島グループ)施工〕

場所:石川県加賀市

竣工年:2011年1月(CCb施工完了)

発注者:石川県南加賀土木総合事務所

規模:D16・D19・D22 913本

図版:横枕汚水中継ポンプ場耐震補強

横枕汚水中継ポンプ場耐震補強

〔他社工事、カジマ・リノベイト(鹿島グループ)施工〕

場所:石川県金沢市

竣工年:2012年6月(CCb施工完了)

発注者:金沢市企業局

規模:D19 584本

図版:鳥羽水環境保全センター受泥施設機械設備

鳥羽水環境保全センター
受泥施設機械設備

〔他社工事、カジマ・リノベイト材料販売、施工指導〕

場所:京都府京都市

竣工年:2011年10月(CCb施工完了)

発注者:京都市上下水道局

規模:D19・D22 4536本

図版:金沢水再生センター汚泥処理施設第一受泥棟整備

金沢水再生センター
汚泥処理施設第一受泥棟整備

〔他社工事、カジマ・リノベイト材料販売、施工指導〕

場所:神奈川県横浜市

竣工年:2012年6月(CCb施工完了)

発注者:横浜市環境創造局

規模:D19・D22 416本

図版:豊岩浄水場耐震補強(サージタンク・薬品沈殿池)

豊岩浄水場耐震補強
(サージタンク・薬品沈殿池)

〔他社工事、カジマ・リノベイト材料販売、施工指導〕

場所:秋田県秋田市

竣工年:2012年12月(CCb施工完了)

発注者:秋田市上下水道局

規模:D16 305本

学会論文発表実績

  • 「セラミック定着型鉄筋によるRC構造物の一面せん断補強工法」,日本構造物診断技術協会,第22回技術・研究発表会,2010年10月
  • 「セラミック定着体を用いた後施工型せん断補強工法のレベル1地震動に対する設計法」,日本コンクリート工学協会,コンクリート工学年次論文集,Vol.34,No.2,2012年7月
  • 「セラミック定着型鉄筋を用いた地下構造物の耐震補強工法」,日本コンクリート工学協会,性能指向型耐震補強研究委員会報告書論文集,2010年12月
  • 「セラミック定着型せん断補強筋による下水道施設の耐震補強」,日本構造物診断技術協会,第23回技術・研究発表会,2011年10月
  • 「セラミック定着型せん断補強筋によるRC構造物の耐震補強工法」,電力土木,No.362,2012年11月

コンクリートのはつり工法
「コリジョンジェット®工法」

コンクリートのはつり深さを制御できるウォータージェット

コリジョンジェット(衝突噴流)工法は、ウォータージェットを二つのノズルから噴射・衝突させることによって、はつり深さを制御できる、コンクリートのはつり工法です。

ただ、コンクリートをはつるだけでなく、鉄筋を残し鉄筋背面に付着したコンクリートも完全に除去することができます。

特許登録済

(社)日本建設機械施工協会 施工技術総合研究所の
「ウォータージェットはつり性能評価」の試験に合格

図版:コリジョンジェット・ノズル

コリジョンジェット・ノズル

キーワード

構造物とりこわし、撤去、はつり、はつり深さの制御、ウォータージェット、衝突噴流、ノズル

コリジョンジェット工法の特長

二つのノズルから噴射されたウォータージェットを衝突させると、衝突後は水流が拡散し、破壊エネルギーは急激に減少します。この原理を応用し衝突位置を調整することによって、はつり深さを制御することができます。

コリジョンジェット工法は、二つのノズルを傾斜旋回させることで衝突位置を調整し、他の工法よりも高い精度ではつり深さを制御することができます。さらに、鉄筋を傷つけることなく、鉄筋裏側に付着したコンクリートも完全に除去することができます。

図版:施工のイメージ

施工のイメージ

図版:従来のウォータージェット工法との比較

従来のウォータージェット工法との比較

 
改ページ

特長・メリットココがポイント

品質の向上

健全な既設躯体や鉄筋に損傷を与えることなく、所定の深さまで、はつることが可能となるため、品質が向上します。

  • 健全な既設躯体にマイクロクラックが発生しません
  • 鉄筋を傷つけません
  • 付着性能が向上します

図版:はつり面および鉄筋の状態

はつり面および鉄筋の状態

施工性・安全性の向上

施工を機械化・遠隔操作していることより、施工効率および安全性が向上します。

  • 作業員の技量に左右されません
  • 工程短縮が期待できます
  • 作業の安全性が向上します

図版:施工機械の外観

施工機械の外観

周辺環境への影響が低下

ウォータージェットの採用により、周辺環境への影響低下が期待できます。

  • 振動が発生しません
  • 粉塵が発生しません

図版:現場での施工状況

現場での施工状況

適用実績

図版:阪神本線春日野道改良

阪神本線春日野道改良

場所:兵庫県神戸市

竣工年:2003年6月

発注者:阪神電気鉄道

規模:施工量268m2 はつり深さ20~588mm

学会論文発表実績

  • 「衝突噴流によるコンクリートはつり深さの制御」,鹿島建設技術研究所年報第49号,2001年
  • 「高圧噴流による地下トンネル拡幅工事」,建設機械,2005年4月

都市インフラ インデックス

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > 都市インフラ > リニューアル

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ