ホーム > 技術とサービス > 水環境施設 > 安全・安心な施設をつくる

水環境施設

浸出水処理施設

条件にあった最適な浸出水処理システムを提案します

浸出水処理施設とは、最終処分場から発生する浸出水を処理し、公共用水域や下水道へ放流するための施設です。

高度処理を行うことで、最終処分場内で浸出水処理水を散水用水として循環利用することも可能となります。

放流条件からみた処理水質目標

浸出水処理水は放流前に、下水道法、基準省令、条例などで規定された水質基準値にまで適切に処理する必要があります。また、放流せずに最終処分場内で循環利用する場合は、更に高度処理を必要とします。

図版:放流条件からみた処理水質目標

改ページ

ページのトップへ戻る

一般的な浸出水処理フロー

一般的に、浸出水処理施設は複数の処理プロセスからなっています。流入水質条件および放流水質条件から、処理対象物質および処理水質を設定し、処理可能なプロセスを選定します。可燃性廃棄物を主体に埋立てる場合は、BOD(生物化学的酸素要求量)、COD(化学的酸素要求量)、SS(懸濁物質または浮遊物質)、窒素などの除去が中心となります。一方、焼却残渣と不燃性廃棄物を主体とする場合は、BOD、COD、SS、窒素などの他に、カルシウムイオン、重金属類、ダイオキシン類も含まれてくる可能性があり、これらの処理プロセスも必要となってきます。

カルシウムイオンが多く含まれる場合、薬品添加により最初にカルシウム除去を行うのが一般的です。その後、生物処理プロセスなどによりBOD成分などが除去され、前段で除去されにくい重金属類などは、ろ過設備などの高度処理設備で除去されます。

図版:下水道または河川放流時の一般的な浸出水処理フロー

下水道または河川など放流時の一般的な浸出水処理フロー

改ページ

ページのトップへ戻る

逆浸透膜による浸出水処理(DTモジュールシステム)

DTモジュール(ディスク・チューブ モジュール)は、逆浸透(RO)膜を用いたプレート&フレーム型のモジュールで、従来の中空糸型やスパイラル型では困難であった浸出水の処理も、簡易な前処理で高い回収率を達成できます。逆浸透(RO)膜で仕切られた汚水に圧力を加えると、水だけが浸透し、浮遊物質や塩類などは通過せず除去することができます。浸出水処理に逆浸透膜システムを採用することで処分場の浸出水を散水用水に循環利用できるとともに、無放流型最終処分場が実現可能となり、周辺環境負荷の低減につながります。

DTモジュールは多重ディスク形状の採用により、速い膜面流速と乱流効果が得られ、膜の汚れやスケーリングを防ぎます。また、膜はディスクとディスクの間に挟み込んだだけの構造で交換も非常に簡単です。

図版:DTモジュールの仕組み

DTモジュールの仕組み

図版:DTモジュール設置状況

DTモジュール設置状況

図版:DTモジュール

DTモジュール

改ページ

ページのトップへ戻る

従来システムとDTモジュールシステムの比較

従来の浸出水処理システムでは、物理化学的処理および生物学的処理を組み合わせ、様々な汚濁物質を順次処理するため多くの処理水槽や薬剤を必要としました。これに対して、DTモジュールを用いた逆浸透膜浸出水処理システムでは、従来システムと比較して、非常にシンプルな処理で脱塩まで行うことができ、コンパクトな施設計画をすることが可能です。

図版:塩分除去まで考慮した従来システムからDTモジュールシステムへ

水環境施設 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 水環境施設 > 安全・安心な施設をつくる

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ