News & Topics 2019

TOYO TIRE マレーシア工場
(第2期)竣工

2019年12月13日

タイヤ・自動車用部品大手のTOYO TIREが、マレーシア北部のペラ州タイピンで、グローバル供給のハブ機能を担う既存工場敷地内に建設を進めていた新工場棟が竣工しました。10月3日には現地で竣工式が行われ、約250人の来賓、事業・工事関係者が出席し、工事の完成を祝いました。

新工場棟は、同社が競争優位性を有する大口径タイヤの供給体制を一層強化するもので、年間生産能力は既存工場棟と合わせると980万本に倍増します。また、現状の1,100人に加え約500人の新規採用を計画し、これまで従業員が行っていたタイヤの寸法測定は、センサーで即時に判断できるシステムに切り替わります。輸出や雇用創出、IoTを駆使した最新技術による自動化により、生産性向上や効率化を図りながら、地域社会への貢献を目指していきます。

現場は、マレーシアの中でも特に雨量が多い地域に立地しているうえ、スズの露天掘り採掘場跡地を埋め戻した軟弱地盤であることなど、厳しい施工条件でしたが、無事故・無災害を達成しました。

集合写真

集合写真

完成した新工場棟(赤枠が新工場棟)

完成した新工場棟(赤枠が新工場棟)

工事概要

名称:
TOYO TIREマレーシア工場(第2期)
所在地:
マレーシア北部 ペラ州タイピン
発注者:
TOYO TIRE
設計・施工:
カジマ・マレーシア
用途:
工場
規模:
RC造一部S造、地上1階(一部地上3階) 延床面積10万1,000m2
工期:
2018年6月~2019年8月
改ページ

台湾「世界明珠開発計画」起工式

2019年12月13日

台湾の台北市において、南栄開發建築股份有限公司による「世界明珠開発計画」の起工式が2019年11月11日に建設地にて執り行われ、事業・工事関係者出席のもと、盛大に起工を祝うとともに工事の安全を祈願しました。

このプロジェクトは、台北の東の玄関口として開発が進められている南港地区中心の南港駅前の南港タイヤ工場跡地に、2棟の高層オフィスビルと6棟の高層住宅を建設するものです。南港地区では台北市政府が2015年より総面積440ヘクタールの東区ゲート都市計画に着手しており、ソフトウェアパーク、経済貿易センターが既に完成し、音楽ホールをはじめとする文化センターの建設が本計画周辺に進んでおり、「世界明珠」は台北市内でも有数なランドマークとなる計画です。起工式には南栄開發建築股份有限公司名誉董事長 林學圃氏、台北市副市長 彭振聲氏、台北市都市発展局局長 黄景茂氏、鹿島 越島副社長、中鹿営造 小俣董事長等が出席し、本計画スタートの第一歩を踏み出しました。鹿島の台湾現地法人、中鹿営造股份有限公司は華熊営造股份有限公司とともに施工を担当し、2024年の完成を目指します。

起工式の様子

起工式の様子

世界明珠開発計画 完成イメージ

世界明珠開発計画 完成イメージ

工事概要

名称:
世界明珠開発計画
所在地:
台湾 台北市南港区
発注者:
南栄開發建築股份有限公司
設計:
三大聯合建築師事務所
施工:
中鹿営造股份有限公司JV
用途:
オフィス、住宅、商業施設
規模:
地下RC造4F/地上SRC造(住宅) 
S造(事務所) 地上26~30F/PH3F 
延221,710m2 高層住宅6棟 
事務所ビル2棟
工期:
2020年2月~2024年3月
改ページ

シンガポール
「国立伝染病センター」 開所式

2019年11月5日

シンガポール保健省が計画する「国立伝染病センター」の開所式が、9月7日に現地で挙行され、来賓をはじめ多くの関係者が出席しました。

このプロジェクトは、シンガポール政府が市街中心地北側ノベナ地区で進めている医療都市開発「ノベナ・ヘルスシティ構想」の中核施設であり、当社現地法人KOAシンガポールが国際競争入札により受注しました。隣接する国立総合病院「タントクセン病院」とはブリッジとトンネル(各2本)で連結されます。

また、施工中はWSH主催の安全衛生管理での優れた企業活動によって表彰される「SHARP Award」を受賞し、英国王立災害防止協会主催の安全衛生表彰「RoSPA Award」で金賞、さらにシンガポール建築建設庁が主催する「BIM Award 2017」ではプラチナアワードなど、数々の受賞を果たしました。

今後は、感染症予防と感染症患者に対する医療の充実が期待されています。

※WSH:Workplaces Safety and Health Council

国立伝染病センター外観

国立伝染病センター外観

工事概要

名称:
シンガポール国立伝染病センター
所在地:
シンガポール ノベナ地区
発注者:
シンガポール保健省
設計:
CPGコンサルタンツ
施工:
KOAシンガポール
用途:
病院
規模:
(伝染病センター棟)
RC造、地上14階、地下4階建て 
(医療イノベーションセンター棟)
9階建て 
総延床面積19万2,812m2
工期:
2015年2月~2018年8月
改ページ

GC America新社屋 開所式

2019年10月1日

歯科材料や関連機械・器具の製造・販売を手がけるジーシーが米国イリノイ州で進めていた「GC America新社屋」が竣工しました。7月26日には現地で開所式が行われ、来賓をはじめ多くの事業・工事関係者が出席し、盛大に完成を祝いました。

これまでジーシーは,日本国内のほか、欧米・中国においてもグローバルスタンダードに適応した製品を生産し、デミング賞の受賞やISO13485の認証取得により、世界市場において「品質のGC」としての地位を確立してきました。

今回の新社屋の誕生によって、今後北米においてさらなる事業拡大を図っていきます。

アメリカ椿大神社ローレンス光一バリッシュ禰宜による神事

アメリカ椿大神社ローレンス光一バリッシュ禰宜
による神事

新社屋外観

新社屋外観

工事概要

名称:
GC America新社屋
所在地:
米国イリノイ州アルシップ
発注者:
GC America
設計:
KAI(カジマ・アソシエイツ・Inc.)
施工:
カジマ・ビルディング&デザイングループ
用途:
事務所、ホール、ショールーム、倉庫
規模:
RC・S造 2F 延べ約11,000m2
工期:
2018年4月~2019年6月

Projects

建築の実績をみる

鹿島の代表的なプロジェクトを用途別、竣工年別、地域別で探すことができる実績紹介サイトです。海外の豊富な実績をご覧いただけます。

開発の実績をみる

鹿島が手がけた海外開発プロジェクトの実績紹介サイトです。
実績ごとの詳細情報もご覧いただけます。

ホーム > 技術とサービス > 鹿島の海外事業 > News & Topics

ページの先頭へ