ホーム > サステナビリティ > 環境 > 目標と実績

目標と実績

図版:環境・エネルギーに関する鹿島の取組み(2018~2020年中期経営計画より)

環境・エネルギーに関する鹿島の取組み
(2018~2020年中期経営計画より)

3カ年目標と年度目標・実績

  3カ年(2018-2020年度)目標 2019年度目標 2019年度実績
低炭素 (施工)
  • 施工時CO2排出量原単位2013年度比8%削減
(施工)
  • CO2排出量削減率6%
(施工)
  • CO2排出量削減率20%
(設計)
  • 建築物省エネ法適合義務化におけるQCDSE整合性の確保
(設計)
  • 建築物省エネ法適合義務化に伴う行動計画の推進
(設計)
  • 建物用途に応じた独自課題を設定・管理
(設計)
  • CO2削減におけるトップランナー育成
(設計)
  • BELS等ラベリング制度の積極的活用の推進






  • 社内省エネ基準値(20%削減)の達成
(設計)
  • BELS、CASBEE新築、CASBEEウェルネスオフィス、LEED NCなど認証取得に向けた取組み中の案件多数
    今年度「CASBEE-ウェルネスオフィス認証」で国内最高スコア、CASBEE-スマートウェルネスオフィス評価認証Sランクを取得
  • 15.9%削減
資源循環 (施工)
  • 汚泥を含む最終処分率3%未満
(施工)
  • 汚泥を含む最終処分率3%未満
(施工)
  • 最終処分率3.9%(汚泥含む)
(設計)
  • グリーン調達の推進
(設計)
  • 4品目以上提案、実施設計図書への明示と採否最終確認
(設計)
  • 提案 平均5.2品目
自然共生
  • 生物多様性優良プロジェクトの推進
  • 優良プロジェクトの推進
    6件/年以上
  • 優良プロジェクト8件を選定
  • 施工による環境影響の抑制(特に有害物質、汚濁水の管理など)
  • 施工による環境影響の抑制(特に有害物質、汚濁水の管理など)
  • 有害物質や汚濁水による環境影響なし
共通基盤
トリプルZeroを支える研究開発及び技術・サービスの推進
(研究開発)
  • 環境保全と持続可能な利用に資する研究技術開発の推進
  • 現業部門への成果展開件数3年間で6件以上進
(研究開発)
  • 環境貢献研究開発:6件
  • 環境貢献技術展開:2件
(研究開発)
  • 環境指定テーマ:17件
  • 成果展開:8件
(環境エンジニアリング)
  • グループと⼀体になった環境経営の推進
  • トリプルZeroに基づいた技術の刷新、プロジェクトの創出
(環境エンジニアリング)
  • 環境における提案力の向上、プロジェクトメイキング
(環境エンジニアリング)
  • 重点4分野の取組み強化
  • 次世代技術・プロジェクトへの取組み、環境フェア(4支店)のフォ ロー及び要請64案件に対応
(エンジニアリング)
  • 環境に優れた⽣産施設を顧客に提供する
(エンジニアリング)
  • プロジェクトごとにトリプルゼロの取組み方針及び化学物質への対応を確認
(エンジニアリング)
  • 本部DR、施工検討会で確認
    (対象プロジェクトすべてに実施:7件)
※より詳しい実績は、環境データをご覧ください。

2019年度のまとめ

3か年計画の2年目である2019年度の活動はおおむね好調でした。低炭素分野では、施工時CO2排出量削減を2013年度比6%削減目標に対して、20%削減を達成しました。資源循環では、汚泥を含む廃棄物最終処分率の目標3%未満に対して、3.9%と未達でした。廃棄物の処分率については、工事の種類と周辺環境(優良な廃棄物処理施設があるなど)に影響される場合があります。

環境事故については、行政処分を伴う重大な法違反はありませんでしたが、石綿事前調査の不備や産廃処理の不適切な委託による軽微な法違反が6件ありました。また、大気汚染防止法、石綿障害予防規則の見直しを受け、届出拡大への対応について全支店のアスベスト責任者に情報共有し、改正に備えました。

環境コンプライアンス

上記のとおり、有害物質や汚濁水による環境事故はありませんでした。法違反としては石綿事前調査の不備や産廃処理の不適切な委託による軽微な違反が6件ありました。なお、罰金を伴う違反はありませんでした。

ホーム > サステナビリティ > 環境 > 目標と実績

ページの先頭へ