ホーム > サステナビリティ > 各種方針 > 安全衛生・環境・品質に関する方針

安全衛生・環境・品質に
関する方針

安全衛生・環境・品質の
統合マネジメントシステム

鹿島は、2003年4月にそれまで安全衛生・環境・品質各分野で運用していた方針を統合し、共通の基本方針のもとで運用しています。安全衛生に関しては「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)」の、環境に関しては全社でISO14001の認証を受け、品質については土木部門・建築部門それぞれでISO9001に準拠しています。

これらを踏まえて、施工部門では、土木・建築それぞれに3つのマネジメントを統合したマネジメントシステムを展開しています。これにより、各現場で総合的な生産効率の改善が総合品質の向上につながり、より高いレベルで社会や顧客のニーズに応えられると考えています。

安全衛生(S)

「建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)」に準拠して安全衛生管理を行っています。

前年度の実績や状況をもとに必要に応じて安全衛生方針の見直しを行い、当年度の全社的な安全衛生目標と計画を策定するというサイクルを取っています。この「計画(Plan) →実行(Do)評価(Check) →改善(Action)」というサイクルで策定された全社方針から、各工事事務所とそれを支援する本社・支店、そして協力会社のそれぞれが重点実施事項を絞り込みます。 それらを基盤として、各現場では工事安全衛生方針・目標・計画を立て、鹿島と協力会社が共有して施工を進めています。さらに、現場では、三現主義に基づき、安全衛生水準の継続的な向上を目指しています。

環境(E)

鹿島は、ISO14001に準拠して、環境マネジメントシステムを運用しています。社長を委員長とする全社環境委員会のもと、土木、建築、環境エンジニアリング、エンジニアリング、研究開発の5部門で推進し、部門横断的な課題については、環境マネジメント、施工環境、サステナブル調達、自然共生の4つの部会のほか、省エネ法等、プラスチックといった課題についてもワーキンググループを組織して活動しています。

国内グループ会社については、特に環境に影響の大きい施工系14社に加え、開発系の2社のエネルギー使用量を調査・把握しています。

全社環境委員会組織図

全社環境委員会組織図

2019年度はSDGsの課題解決のための鹿島グループの重要課題(マテリアリティ)を特定しました。特に気候変動については、「炭素税・排出枠規制への対応」「異常気象の激甚化への対応」「新市場や気候変動に対応した技術開発」など事業インパクトが大きい項目について、環境省の「TCFD(気候変動関連財務情報開示タスクフォース)に沿った気候リスク・機会のシナリオ分析支援事業」として約6ヵ月かけて検討したものです。これらを踏まえて2020年度の「リスクと機会」を見直し、2019年度の全社環境委員会で承認されました。

図版:リスクと機会

品質(Q)

鹿島では土木部門・建築部門それぞれで、ISO9001の認証を受け、品質マネジメントを行っています。なお、本社関連部署・技術研究所・建築設計本部・支店におけるISO9001は両部門に含まれています。土木工事・建築工事それぞれでマネジメントシステムを運用し、マニュアルや実施要領を整えています。

鹿島では現場での「現場で・現物を・現実に」という三現主義こそが総合品質管理の原点であると考えています。各工程において、鹿島社員が確認すべき項目と協力会社が実施すべき内容を区分したうえで、関係法令を上回る鹿島基準で測定等の検査・確認を行い、必要に応じて記録を残しています。これらの検査や確認は、三現主義に基づいて現場のみならず、本社・支店の関係部署がそれぞれの視点で重ねて確認することでより確実な品質確保に努めています。

安全・衛生・環境 十訓

安全・衛生・環境 十訓

ホーム > サステナビリティ > 各種方針 > 安全衛生・環境・品質に関する方針

ページの先頭へ