ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics > すみだリバーウォーク 開通

鹿島の土木技術 Topics

すみだリバーウォーク 開通

鹿島が設計・施工を担当した浅草と東京スカイツリーを結ぶ遊歩道「すみだリバーウォーク」が、2020年6月18日に開通しました。

「すみだリバーウォーク」は、東武スカイツリーライン、浅草駅~とうきょうスカイツリー駅間の鉄道トラス橋「隅田川橋梁」の南側に追加設置された歩道橋です。1931(昭和6)年に完成した既存の鉄道トラス橋に、新たに歩道橋を添架するという工事です。既存の橋梁に鋼材を張出して設置し、歩道を支持する構造としました。歩道橋の延長は約160m、通路幅は2.5m。既存橋梁への重量負担を考慮し、床版や高欄はアルミ部材を使用する等軽量化を図りました。また、システム化された特殊吊り足場を採用することで安全性が向上し、潮位の変化により作業時間の制約を受ける台船の作業時間を減らすこともできました。完成から約90年が経過した既存鉄道橋へ歩道を添架するという工事を、鉄道の運行に影響を与えることなく、1年弱という短工期で完成させました。

今回、浅草駅~とうきょうスカイツリー駅間の既存の鉄道橋に遊歩道を設置することで、浅草と東京スカイツリーという二つの観光地が最短距離で結ばれ、容易に行き来できるようになりました。さらに、このすみだリバーウォークから東京スカイツリーへ続く線路高架下を利用した商業施設「東京ミズマチ」も同日から順次開業。すみだリバーウォークとともに賑わいがさらに創出されました。

新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の影響で、2ヶ月あまり延期となりましたが、開通初日の6月18日には待ちわびていた多くの人が訪れました。すみだリバーウォークの開通時間は7時~22時、通行料は無料です。

図版:完成したすみだリバーウォークと東京スカイツリー

完成したすみだリバーウォークと東京スカイツリー

図版:ウッドデッキの遊歩道。既存の隅田川橋梁も“スカイツリーホワイト”に塗装しなおされた

ウッドデッキの遊歩道。既存の隅田川橋梁も"スカイツリーホワイト"に塗装しなおされた

図版:開業初日、開通を待ちわびた人と東武特急

開業初日、開通を待ちわびた人と東武特急

図版:夜は東京スカイツリーとともに隅田川橋梁がライトアップされる

夜は東京スカイツリーとともに隅田川橋梁がライトアップされる

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics > すみだリバーウォーク 開通

ページの先頭へ