ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

鹿島の土木技術 Topics

新桂沢ダム定礎式 開催

2017年11月19日、北海道三笠市で施工中の新桂沢ダム堤体建設第1期工事の現場で、定礎式が行われました。発注者である国土交通省北海道開発局札幌開発建設部や鹿島JVをはじめとする工事関係者、また、地元の方々が多数出席した式典は、雪がちらつく中行われました。

始めに行われた修祓式では、三笠市・西城市長、国土交通省北海道開発局札幌開発建設部・宮島部長や鹿島田代副社長らが玉串を奉奠し、今後の工事の安全を祈願しました。続いてダム堤体において定礎式が行われ、国土交通省北海道開発局札幌開発建設部・宮島部長の式辞に続き、来賓が祝辞を述べられました。続く定礎の儀では、木遣り歌に合わせて礎石が搬入され、稲津久衆議院議員らによる鎮定の儀、三笠市・西城市長らによる斎鏝の儀、鹿島田代副社長らによる斎槌の儀が行われました。続いて、埋納の儀が行われ、コンクリートバケットからコンクリートが投入され、礎石が埋納されました。その後、岩見沢市・松野市長による万歳三唱が行われ、盛大に定礎を祝いました。

新桂沢ダム堤体建設第1期工事は、石狩川水系幾春別川の上流に位置する1957年完成の桂沢ダムの堤体高さを、11.9m嵩上げする工事です。既存の堤体の下流面にコンクリートを打ち足します。ダム高を1.2倍にすることにより総貯水容量が1.6倍となる効率の良い再開発であり、治水・利水機能の向上が図られます。今後、冬季はコンクリートの打設を休止する期間となりますが、堤頂周辺の工事を進めながら来春の打設再開を目指します。雪深い地域でのダム再開発工事は2020年までの予定です。完成後は「新桂沢ダム」と改称される予定です。

図版:修祓式の様子

修祓式の様子

図版:礎石搬入の様子

礎石搬入の様子

図版:バケットより礎石上にコンクリートが投入された埋納の儀

バケットより礎石上にコンクリートが投入された埋納の儀

図版:堤体をバックに工事関係者の記念写真

堤体をバックに工事関係者の記念写真

改ページ

【工事概要】

工事名:
新桂沢ダム堤体建設第1期工事
工事場所:
北海道三笠市桂沢
発注者:
国土交通省北海道開発局札幌開発建設部
工事諸元:
堤体基礎掘削約67,000m3
コンクリート打設工約180,000m3(1期のみ)他
工期:
2016年8月~2020年3月

図版:新桂沢ダム堤体建設第1期工事

(参考)
ダム堤体で幅15mのスライド型枠「全自動化」に成功別ウィンドウが開きます (2017年11月29日プレスリリース)

ホーム > 技術とサービス > 土木技術 > Topics

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ