News & Topics 2020

アジアの統括事業拠点、
名称「The GEAR」に決定

2020年12月10日

アジア開発事業統括会社カジマ‧デベロップメント社は、2019年からシンガポールにおいてアジアの統括事業拠点の開発事業に着手していますが、このたびその名称を、「The GEAR(Kajima Lab for Global Engineering, Architecture & Real Estate)」に決定しました。2020年8月27日には、現地で地鎮祭を行い、建設に着手しております。

この計画は、アジア最大のハブ空港であるチャンギ国際空港から車で5分という利便性の高いチャンギビジネスパーク内に、オフィスと研究施設を兼ね備えた延床面積約1万3,000m2の建物を建設し、運営する開発事業です。The GEAR内には、鹿島技術研究所のシンガポールオフィスKaTRIS(Kajima Technical Research Institute Singapore)がロボティクスをはじめとした先進的技術を研究・開発するラボを開設し、技術開発に積極的なシンガポールを舞台に、外部企業や政府機関、大学などとのオープンイノベーションを推進します。また、これまでシンガポール内に点在していたグループ会社をThe GEAR内に集約し、建設・開発の事業部門と技術開発部門とのシナジー効果をより一層発現させ、新たなビジネスをインキュベートする場にすることも企図しています。

当社は、The GEARにおいて当社の総合力を活かした技術革新を加速させ、確固たる事業基盤を築くとともに、目まぐるしく変化する社会で時宜にかなった最適なサービスと問題解決手段を提供することを目指します。
竣工は2023年を予定しています。

完成予想パース

完成予想パース

ロー・イエンリン通商産業省担当大臣、ウン・ランJTC CEO、山崎純駐シンガポール日本国特命全権大使をお招きしての地鎮祭の様子

ロー・イエンリン シンガポール通商産業省担当大臣、
ウン・ランJTC CEO、山崎純駐シンガポール日本国特命全権大使
をお招きしての地鎮祭の様子

地鎮祭で挨拶されるロー・イエンリン シンガポール通商産業省担当大臣

地鎮祭で挨拶されるロー・イエンリン通商産業省担当大臣

工事概要

名称:
Kajima Lab for Global Engineering, Architecture & Real Estate(The GEAR)
所在地:
シンガポール共和国 
チャンギビジネスパーク
設計:
鹿島 建築設計本部
施工:
KOAシンガポール
用途:
オフィス、研究施設
規模:
B1、6F 延べ13,087m2
工期:
2020年12月~2023年3月

女性が活躍するカジマ・ポーランドで「TOP WOMAN」賞を受賞
Received "TOP WOMAN" award in Kajima Poland, where women play an active role

2020年10月19日 / October 19, 2020

「KAJIMAダイジェスト2016年10月号」の特集「KAJIMA’s Women」でご紹介したとおり、カジマ・ポーランドでは多くの女性社員が活躍をしています。
そうした中、2020年8月26日、27日にポーランドで、Top Woman in Real Estate 2020が行われ、カジマ・ポーランドの営業部長SANDRA WRÓBLEWSKA(サンドラ・ヴロブレフスカ)が2部門のトップに輝き表彰されました。この大会は、ポーランドの不動産業・建設業で働く女性にスポットライトをあてる組織「Top Woman in Real Estate」主催で行われ、不動産・建設関係の様々な企業の管理職の女性から各部門の候補者が選出されました。SANDRA WRÓBLEWSKAは、昨年も建設業界トップ20となったカジマ・ポーランドでの営業功績が業界でも広く評価され、同賞の一般投票による部門総合オンライン投票と、さらに審査員評価による営業部門の2部門で“TOP WOMAN”となりました。

“Top Woman in Real Estate” awards for 2020 was held in on August 26th and 27th, in Poland, which is the "active female employee" featured in the "Kajima Monthly Report October 2016 issue. SANDRA WRÓBLEWSKA, Senior Business Development Manager of Kajima Poland received top awards in two categories. The awards were sponsored by "Top Woman in Real Estate," an organization that puts the spotlight on women working in the real estate and construction industry in Poland. Candidates for each category were selected from senior woman in various real estate and construction companies.
SANDRA WRÓBLEWSKA was widely recognized in the industry for its sales achievements in Kajima Poland, which ranked one of the Top 20 contractors last year, and was awarded in two categories: the online voting category by general voting and the business development category awards by the judges.

受賞したWroblewska営業部長

受賞したWroblewska営業部長
Award-winning SANDRA WRÓBLEWSKA

カジマ・ポーランドメンバーと

カジマ・ポーランドメンバーと
左)岩﨑会長 中央)Wroblewska営業部長 右) Łajc財務部長
With Chairman Iwasaki and Radosław Łajc
(Senior Financial Manager)

カジマ・ポーランド 概要

名称:
Kajima Poland Sp. z.o.o.
設立:
2002年
所在地:
ワルシャワ
代表者:
会長 岩﨑雅則

所在地・連絡先

LIM Center 12th Floor, Al.
Jerozolimskie 65/79, 00-697 Warsaw, Poland
TEL:48-22-630-75-20

Kajima Poland Overview

Name:
Kajima Poland Sp. z.o.o.
Established:
2002
Location:
Warsaw
Representative:
Chairman Masanori Iwasaki

Location / Contact

LIM Center 12th Floor, Al.
Jerozolimskie 65/79, 00-697 Warsaw, Poland
TEL: 48-22-630-75-20

鹿島建設(中国)有限公司 
大浦康二董事長就任

2020年9月23日

この度、中国の現地法人「鹿島建設(中国)有限公司」に新たに大浦康二董事長総経理が就任しました。大浦董事長は、シンガポール、イギリスでの海外勤務を経て、2010年よりポーランドの現地法人「KAJIMA POLAND SP. Z O.O.」 、2016年よりインドの現地法人「KAJIMA INDIA PVT LTD」にてそれぞれ社長を務めています。

鹿島は、1985年に北京事務所、その後2003年に現地法人を設立し、現在は上海に本社を構え中国全土で事業を展開しています。特に、高度な建物仕様が要求される生産施設に焦点をあて、医薬品・食品などの工場建設を中心に設計・施工サービスを提供しています。さらに、設計や施工のコンサルティング業務など、お客様のニーズに合わせて様々な建設サービスを行っており、発展を続ける中国とともに今後もますます成長して参りたいと考えております。

集合写真

集合写真

会社概要

社名:
鹿島建設(中国)有限公司
本社:
上海
設立:
2003年
株主:
鹿島建設100%
従業員数:
126名 出向社員13名(2019年12月時点)
営業拠点:
上海、蘇州、天津、広東
(中国全土でのサービスをご提供します。)

所在地・連絡先

Lei Shing International Plaza 11th Floor, No.1319,
West Yan'an Road, Changning District, Shanghai, 200050, China
TEL:86-21-6226-0997(代)

関連情報

KAJIMAダイジェスト6月号「concept」にRINNAI AMERICA H.Q. を掲載

2020年6月22日

KAJIMAダイジェスト2020年6月号の特集「concept」に、RINNAI AMERICA H.Q.が掲載されました。「concept」では、鹿島の設計者がどのように様々なデザインシーンを創り出し、お客さまの想いを具現化していくのか、その作品とともにご紹介しています。

RINNAI AMERICA H.Q.の「concept」は、「光で包まれた連続する交流スペース」です。以下リンクよりぜひご覧ください。

MTMUS Central Office 上棟式

2020年5月18日

4月3日にMazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc. (以下、MTMUS)が建設を進める「MTMUS Central Office」の上棟式が現地で行われ、事業・工事関係者が出席し、上棟を祝うとともに残る工事の安全を祈願しました。

MTMUSは、マツダ株式会社とトヨタ自動車株式会社が設立した合弁会社です。米国アラバマ州ハンツビル市において、現在新たに工場を建設しており、カジマ・ビルディング&デザイングループはその中で事務所棟を担当しています。

この事務所棟は、敷地のほぼ中央に位置し、工場全体の管理棟の役割を担います。また、1階にはカフェテリアが配置されており、隣接する工場棟の従業員が使用する予定です。現在、敷地周辺では工場棟や主要サプライヤーの建屋の建設が同時に進行しています。工事完成は2020年10月の予定です。

上棟式の様子

上棟式の様子

上棟式の様子

完成イメージ

完成イメージ

工事概要

名称:
MTMUS Central Office
所在地:
アメリカ合衆国アラバマ州ハンツビル市
発注者:
Mazda Toyota Manufacturing, U.S.A., Inc.
設計:
Ghafari(基本設計)、
KAI(カジマ・アソシエイツ・Inc.)(実施設計)
施工:
カジマ・ビルディング&デザイングループ
用途:
事務所
規模:
S造 3階建 延べ約10,700m2
工期:
2019年10月~2020年10月

「台北日本人学校 新築工事」が起工

2020年5月18日

2月21日、「台北日本人学校新築工事」(台湾台北市)の起工式が現地で挙行されました。

台北日本人学校は、1947年に創設された歴史ある学校で、このプロジェクトは校舎の老朽化に伴い、教室数を増やした新校舎に建替えを行います。「つながる学校~子どもたちが楽しんで通う学校~」をコンセプトに掲げ、能動的な活動を促すよう教室前にオープンスペースを設けています。また、校舎棟の廊下を円状に計画することで、突き当りのないスムーズで安全な移動空間が確保され、従来の片廊下型校舎から脱却した新しい時代の校舎を目指します。

2021年4月から新校舎と新体育館での授業を開始、その後、既存校舎を解体してグラウンドなどを整備し、全体完成は2021年12月の予定です。

起工式の様子

起工式の様子

完成イメージ

完成イメージ

工事概要

名称:
台北日本人学校 新築工事
所在地:
台湾 台北市
発注者:
台灣日本人會
設計:
安井建築設計事務所(基本設計、
実施設計監修・工事監理監修)、
鹿島 建築設計本部(実施設計)
施工:
中鹿営造股份有限公司
用途:
学校・教育施設
規模:
RC・S・SRC造 校舎棟―B1/3F、
PH1F 体育館棟―3F 
グラウンド整備ほか 総延べ17,130m2
工期:
2020年3月~2021年12月

「鹿島の海外事業」サイトを
リニューアル

2020年4月20日

この度、「鹿島の海外事業」ウェブサイトを全面的にリニューアルいたしました。情報をより分かりやすくお伝えできるウェブサイトとなるようレイアウトやデザイン、内容を大きく見直しております。

また、各地の海外現地法人社長がこれからの海外事業を語る「リーダーインタビュー」、海外における新たな市場参入について紹介する「New Market Planning」、世界中で活躍する鹿島の社員たちのチームワークを様々なテーマからお伝えする「Team Story」など新たな特集を設けて内容の充実を図りました。

今後も、より分かりやすく情報を発信してまいりますので、ぜひご覧ください。

「イオンモールHa Dong」
グランドオープン

2020年3月6日

2019年12月5日、イオンモールがベトナムの首都ハノイ市で建設を進めていた「イオンモールHa Dong(ハドン)」がグランドオープンしました。同社のショッピングモールとしては、ベトナムで5店舗目となります。

同モールには、ベトナム初、ハノイ市初、ショッピングモール初出店などのブランドを含めた221店舗が出店しており、フードコートは、地域最大級の約3,000m2の面積に約1,000席を擁し、ベトナム各地や世界各国の料理店が集結しています。また、映画館や子ども向けの遊び場など、多種多様な体験ができる同モールは、ユニバーサルデザインを導入しあらゆる人々が快適に利用できる空間を提供しています。

エントランス

エントランス

ハドン地区の名産品である絹をモチーフにしたシルク・コート

ハドン地区の名産品である絹をモチーフにしたシルク・コート

グランドオープニングセレモニーでは、イオンモールの吉田昭夫社長(現イオン社長)による挨拶や関係者によるテープカットの後、ベトナムの人気歌手のライブが開催され、新店舗の開業に花を添えました。

ハノイ市の人口増加が著しい地区に、新たなにぎわいの場が誕生しました。

完成したイオンモールHa Dong

完成したイオンモールHa Dong

工事概要

名称:
イオンモールHa Dong
所在地:
ベトナム ハノイ市
発注者:
イオンモール ベトナム
設計:
カジマ・デザイン・アジア
施工:
カジマ・ベトナム ホアビンJV
用途:
商業施設
規模:
RC造、B1F/4F、157,295m2
工期:
2018年3月~2019年11月
改ページ

マレーシア味の素新工場計画が起工

2020年1月16日

10月15日、「マレーシア味の素新工場計画」(マレーシア ヌグリ・スンビラン州エンステック工業団地)の起工式が現地で行われ、来賓をはじめ事業・工事関係者が出席しました。

このプロジェクトは、食品会社大手である味の素のマレーシア現地法人AJINOMOTO(MALAYSIA)の移転に伴い、調味料を生産する新工場を建設するものです。建設地のエンステック工業団地は、イスラム教の教義に則ったハラル認証に準拠したインフラや物流網が整備されており、より一層の開発・生産機能の強化が見込まれます。

施設は、工場、倉庫、事務所などから構成され、総延床面積約5万4,000m2、設計施工をカジマ・マレーシアが担当します。新工場は従来機能の強化に加え、CO2排出量削減や工場見学、料理教室の実施など、地域に密着した環境と社会への対応を実現します。

操業開始は2022年4月の予定です。

関係者による集合写真

関係者による集合写真

完成イメージ

完成イメージ

工事概要

名称:
マレーシア味の素新工場計画
所在地:
マレーシア ヌグリ・スンビラン州 
エンステック工業団地
発注者:
AJINOMOTO(MALAYSIA)
設計・施工:
カジマ・マレーシア
用途:
工場、倉庫、事務所ほか
規模:
工場棟-RC造 ほか4棟 
総延床面積約5万4,000m2
工期:
2019年11月~2021年2月

Projects

建築の実績をみる

鹿島の代表的なプロジェクトを用途別、竣工年別、地域別で探すことができる実績紹介サイトです。海外の豊富な実績をご覧いただけます。

開発の実績をみる

鹿島が手がけた海外開発プロジェクトの実績紹介サイトです。
実績ごとの詳細情報もご覧いただけます。

ホーム > 技術とサービス > 鹿島の海外事業 > News & Topics

ページの先頭へ