ホーム > 技術とサービス > 医療・福祉施設 > 睡眠環境向上型病室

医療・福祉施設

生体リズムを整え、よりよい療養環境を実現

入院生活をおくる患者様にとって、病室は日常生活の場となりますが、生活環境の変化により不眠を訴える患者様は少なくありません。自宅で過ごすような室内環境を患者様ご自身が自由に整え、良質な睡眠をとることにより生体リズムが安定し、快適な療養生活を送ることが期待されます。
入院患者様の睡眠環境の最適化へ向けて、鹿島では病室の設計から本質的な解決をはかりました。
患者様の睡眠環境を整え、生体リズムを安定させることで、患者様の療養環境が向上することはもちろん、夜間のナースコールが減ることで医療スタッフの業務負荷が軽減するなど、さまざまなメリットが生まれます。(「第16回環境・設備デザイン賞」受賞)

図版:睡眠環境向上型病室の概念図
INTERVIEW: あけぼの病院
改ページ

睡眠環境をととのえる技術とは

鹿島では多床室の環境特性と患者様それぞれの睡眠状態の実態調査を実施し、その結果、「温熱」・「音」・「光」の三要素が患者の睡眠に大きな影響を与えることが分かりました。調査結果を踏まえ、三要素各々の有効性を仮説立案し、被験者実験を行い、実証を重ねることで睡眠環境向上エビデンスの構築をはかりました。

  • 熱
  • 音
  • 光

温熱環境技術

病院は住宅に比べると空調設備が整っており、比較的良好な温湿度環境ですが、患者様それぞれが自分の好みに応じて温熱環境を調節したいという声が多くありました。
そこで、天井近傍の空気をベッド上に送風する「室内送風装置」を開発し、ベッドごとに温熱環境を調節できるようにしました。就寝時に微弱な風を送風することで涼感が得られ、良質な睡眠をとることができます。

図版:温熱環境技術

音環境技術

就寝時に病室が静まり、無音に近い状態にあると、逆に他者の会話声など周辺で発生するさまざまな音が響いて聞こえてしまい、患者様の寝付きが悪くなる傾向にあることが分かりました。
そこで、ベッドの中央に設置する「ブラウンノイズスピーカー」を開発し、適度な音量のノイズを発生させることで、ベッド上の音環境を安定させました。これにより周囲の雑騒音が打ち消され、眠りにつきやすくなります。

図版:音環境技術
改ページ

光環境技術

人間は日中に十分な光を浴びることで、夜間に深部体温が下がりやすくなり、それにより眠りにつきやすくなることが判っています。多床室では、窓側と廊下側にベッドが配置されるため、位置によって日中の照度にばらつきが出て、光環境に相違が出てしまいます。
そこで、日中は昼光を通しつつ、夜間は組み込まれた照明から明るさを確保できる「模擬窓照明」を開発し、ベッドサイドに設置するとともに、「ライトシェルフ」を窓面に併設し、窓側と廊下側での光環境の相違をなくすことで、廊下側の患者も十分な光を日中に浴びることができます。

図版:光環境技術

※直射日光を遮へいしつつ、窓の上部からは反射光を採り入れることで、廊下側のベッドまで昼光を取り入れられるガラス欄間と反射板。

導入ご検討の病院様へ

新築
の場合

睡眠環境向上技術は、あけぼの病院(東京都)、座間総合病院(神奈川県)、がくさい病院(京都府)に一部技術が既に導入されており、患者様をはじめスタッフの方からもご好評をいただいております。新病院をご検討の病院様とは、計画段階から病院様ごとに最適なノウハウの組み合わせを提案することで、新病院の特性に合わせた最適なソリューションを作り上げていくことができます。
詳しくはお問い合わせください。お問い合わせはこちら

図版:あけぼの病院

あけぼの病院

改ページ

改修
の場合

年数が経った病室の改修工事をしたいというご要望にお応えするべく、鹿島は家具什器メーカーと共同研究開発を行い、工場生産のパネル型メディカルコンソールユニットに、鹿島の睡眠環境向上エビデンスを組み込むことで、工期短縮が図れ、工事中に病室が使えなくなる日時を最小とすることを可能としました。
詳しくはお問い合わせください。お問い合わせはこちら

図版:内装パネルユニット施工写真

内装パネルユニット施工写真

鹿島技術研究所内のショールーム

導入をご検討の病院様向けに、多床室をイメージした模擬病室で「温熱」・「音」・「光」の三要素の技術を体感頂けるショールームを鹿島技術研究所(東京・調布市)に開設しました。今後、さらなる検証を行いながら改善項目を取入れ、より良い療養環境を構築し、ご提供してまいります。

図版:鹿島技術研究所内の模擬病室

鹿島技術研究所内の模擬病室

INTERVIEW: あけぼの病院

医療・福祉施設 インデックス

ホーム > 技術とサービス > 医療・福祉施設 > 睡眠環境向上型病室

ページのトップへ戻る

ページの先頭へ